2019年07月16日

猫の慢性腎臓病 後編

こんにちは。獣医師の野口です。
今回は前回に引き続き、猫の慢性腎臓病の後編です。


腎臓病どうしたらいいの?
腎臓病は症状が現れた時には時すでに遅し。腎臓の全体の細胞の3分の2以上が破壊されないと、明らかな症状は出てきません。
しかし、腎臓の細胞は一度壊されるともとに戻ることはありません。
破壊されると残った細胞で仕事をこなさなければなりませんので、残った細胞に負担がかかり、徐々に進行していきますので、
進行を全くストップすることはできません。
したがって早期に発見し、いち早く残存している細胞に負担をかからないように腎臓を保護することが大事なのです。

腎臓病の早期発見のために
腎臓病は血液検査や、尿検査、超音波検査などで検査をします。
特に血液検査については定期的に測定して数値が高くなっていないかを見ていくことが必要です。
犬では春にフィラリア予防の検査のために血液検査を受ける機会がありますので、
ほとんどの犬で血液中の尿素窒素の数値は測っています。(当院では)
猫については健康診断を受けない限り、血液検査をする機会が無いため、腎臓病かどうかの検査を受ける機会がありませんので、
症状がひどく現れてから来院することが多く、発見から死亡までの日数が犬に比べて明らかに短いです。
というのは犬は普段の血液検査で発見されることが多いため、初期の段階で対応できているからです。
これまで、尿素窒素、クレアチニンという数値が腎臓病に特化した検査として行われてきましたが、
それらの数値よりもさらに早期発見に特化した血液検査が行われるようになりました。
(犬ではシスタチンC、SDMA、猫ではSDMAのみ)

早期発見の検査について
動物の一年は人の一年と大きく違います。
シニア、特に10歳を超えている犬猫は慢性腎臓病になる可能性は誰でも持っていると言ってもいいでしょう。
そのような年齢の犬猫については健康であっても、前回の血液検査に異常な数値が無くても、
最低でも半年に一度は血液検査をする必要があると考えます。
これは慢性腎臓病に限らず、他の病気についても言えることです。
どんなに健康に見えても、半年に一度は動物病院で健康チェックをしてもらうことをお勧めします。

慢性腎臓病の治療について
医学的な内容をお話しすることはここでは致しません。
慢性腎臓病になって、お家でできることをお話しいたします。
お話ししたとおり、慢性腎臓病では、血液中の尿素窒素(毒素)や、腎臓の細胞に負担をかけてしまう血液中のリン(P)を減らすことが大事です。
そのためには、食餌療法が効果的です。腎臓病用の療法食(処方食)には、尿素窒素の元になるたんぱく質の配合が、他のフードよりも少なくなっています。また、良質なたんぱく質を使用することで、筋肉量の減少を防ぐことが出来ます。さらに、フードの中のリンの含有量も少なくなっています。このような腎臓病用の療法食は各社メーカーで製造されています。量販店で売られているシニア用フードで「腎臓に配慮している」と表示されているものは療法食ではありません。
シニアの犬猫で、まだ一度も検査をしたことが無い方は、動物病院で血液検査をし、療法食の指導を必ず受けてください。
現在、まだ慢性腎臓病と診断を受けていない犬猫や、シニアで、慢性腎臓病が心配な方にも適切なアドバイスをさせていただきます。

ただ今、早期の慢性腎臓病用のネコちゃんのフードのサンプルをお渡しすることが出来ます。対象は10歳以上のシニアのネコちゃんで、検査をしたことが無いけれど、フードを試してみたい方にドライフード、缶詰のセットをお渡しいたします。お声掛けください。DSCN6144.JPG




療法食についてはネット販売もされていますが、飼主さんのご判断で注文するのはどの種類のフードであっても避けるべきです。獣医師の指導の下購入してください。
posted by ドル at 16:04| Comment(0) | 診療(野口) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月03日

猫の慢性腎臓病 前編

こんにちは。獣医師の野口です。

お久しぶりになってしまいました


人だけでなく、犬猫の寿命も延び続けています。それに伴い、老齢になると発生しやすい病気も様々。
心臓の弁膜症(犬)、甲状腺機能亢進症(猫)、歯周病(犬猫)、変形性関節症(犬猫)、白内障(犬)、腫瘍(犬猫)などなど。
その中でも多いのが慢性腎臓病(犬猫)です。
これまで犬や猫を飼われたことのある方はこの病気で亡くしている飼い主さんもいらっしゃるのではないでしょうか。

さて、今回と次回は慢性腎臓病についてお話しします。
慢性腎臓病は急性の腎臓病と異なり、症状が緩慢で、進行性であり、明らかな症状が出た時には既に末期に近い状態と、
早期発見が大変大事な病気です。
進行は初期は年単位、月単位、週単位と、極めてゆっくり進行しますが、末期は日替わりで体調が悪くなります。


症状は?  初期では飲水量の増加、排尿量の増加、食欲の減退、脱水、削痩、偏食です。
末期には食欲廃絶、嘔吐、下痢、衰弱、貧血、発作様症状が起こることがあります。

なぜこのような症状が起きるの?  
症状を左右するのは血液中の尿素窒素(BUN)です。
この数値が高値になればなるほど、症状は強く現れやすくなります。
しかし、慢性腎臓病の場合は尿素窒素が高値であっても体が慣れてしまい、高値でも症状が出にくい場合もあったり、
数値がそこまで高くなくても、症状が明らかに現れてしまったりと、数値と症状の発現には個体差があります。

では、この尿素窒素とは?
尿素窒素は本来腎臓で老廃物として尿中に排泄されて捨てるべき、いわゆる毒素です。
末期では毒素が血液中に高濃度に含まれるため、脳に刺激を与え、発作症状を起こします。
そこで力尽きて亡くなってしまうことがあります。
この尿素窒素はもともとは食餌中に含まれるたんぱく質(肉、魚、大豆、卵など)が由来です。
生きていくのに必要はタンパク質ですが、これを摂取し、栄養素を吸収した後、
最終的にアンモニアに変わり、それを肝臓で尿素窒素という形に変えて腎臓から排泄されるのです。
腎臓病になると腎臓の働きが悪くなり、この毒素の排泄が悪くなり、血液中に残ったままとなり、尿素窒素の数値が高くなります。


今回ははここまで。次回は慢性腎臓病を早期発見するためのお話を続編でお伝えします。
慢性腎臓病は老齢の犬猫で大変起きやすい病気の1つで、病気のことを飼い主さんに知ってほしいので、
あえて詳しく説明するために2回に分けました。
ちょっと難しい所も出てきますが、わからない時は獣医師にお尋ねください。


さて、私事のお話をさせていただきます。
昨日、7月2日にまたまたチャングンソクのフィルムコンサートに行って参りました。
豊洲Pitというライブハウスが会場で、19時より開催されました。5月に長野まで遠征に行きましたが、
今回は追加公演の最終日、最終回でした。
長野よりもずっとずっと盛り上がり、踊って歌って叫んで、思いの全てをぶつけた2時間でした

IMG_20190702_181824_20190703144024.jpgIMG_20190703_001447_044_20190703144042.jpg

posted by ドル at 16:52| Comment(0) | 診療(野口) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月25日

GW中に気を付けておきたいこと

こんにちは、獣医師の野口です。


さて、表題のとおり、GWを目前として、皆様に今、注意しておいていただきたいことを
まとめてみました。GW、お出かけになられる方も多いかと思います。
特に車でお出かけの方が圧倒的に多いですね。参考にしてみてください。

① 渋滞対策→長時間の移動は運転手の飼い主さんも動物たちもとても疲労につながりま
       す。特に渋滞が避けられないGW中は、思い通りにパーキングに立ち寄る
       ことさえ困難です。早めの出発、早めの休憩を心がけてください。

② 気温対策→GWは意外と気温が夏日になることがあります。特に行楽地では寒暖の差が
       激しいだけでなく、熱中症の対策が必要になる場合もあります。新鮮な水
       や、体に直接かける水、保冷材など、いつものお出かけよりも余分に用意
       しましょう。夏場に気にしているアスファルトの照り返しも、日差しが強
       ければこの季節でも高温になる可能性があります。アスファルトだけでな
       く、砂浜も注意してください。

③ 寄生虫対策→既にノミダニ予防をされていらっしゃる方も多いと思いますが、
        東京近郊よりもさらに郊外の草原ではノミダニの寄生率が高いです。
        いつもきちんと予防していても、ノミダニが付着するということも
        あります。(実際には死んでしまっていますが)大自然の中で
        行楽をされる方は、1ヶ月開けずに少し早めに予防薬を使用した
        方が良い場合もあります。使用の仕方で疑問のある方は
        かかりつけの動物病院にお尋ねください。

④ ドッグラン対策→行楽先でドッグランに行かれる方は、狂犬病の予防接種の
          接種証明書や、ワクチンの証明書などの提示が必要な場合
          があります。また、ドッグラン内での犬同士の咬傷や
          トラブル時に、先方の飼い主さんから狂犬病やワクチンを
          打っていますか?と聞かれる場合もあるかもしれません。
          証明書類も念のため持っていかれることをお勧めいたします。

⑤ 病院対策→お出かけ先で急な病気やケガをしてしまい、動物病院に行く必要が
       出てくる場合もあります。お出かけ先の近くでかかることのできる
       動物病院をあらかじめネットで検索しておくのも良いかもしれま
       せん。ペット保険に入られている方は、保険証を持っていきま
       しょう。お出かけ先で診察を受けた場合は、後日、必ずかかり
       つけの動物病院で受診してもらいましょう。その際に、受けた
       検査の内容や結果、治療内容、使用した薬剤の内容、処方された薬
       などを必ず教えてください。

GW中、体はまだ暑さに慣れていません。カンカン照りの夏場よりもこの季節の熱中症は気温が高くなくても発症することが多いです。
充分に気を付けて楽しいGWを過ごしてくださいね。


ちょこっと、私事...
4月20日にチャングンソクのコンサートに行って参りました
東京公演に行きたかったのですが、抽選に外れてしまい、長野県まで行ってきました
コンサート中に降ってきたキャノンテープとカラーボールがgetできて、
嬉しさ倍増です

IMG_20190420_233109_BURST001_COVER.jpg
posted by ドル at 15:43| Comment(0) | 診療(野口) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月11日

狂犬病について

こんにちは、獣医師の野口です。

昨日は急に冷え込み、みぞれ混じりのお天気でした。
病院の裏の駐車場の桜も寒々です。

このところ、韓流にはまっている私ですが、先日、お友達と新大久保に行ってまいりました。
世間でも韓流ブーム再燃しており、新大久保はいつも原宿並みor以上に混雑しています。

IMG_20190407_114541-1.jpg
さて、本題に入ります。


先日、飼主さんから、狂犬病について質問がありましたが、その質問内容をうかがって、これはマズイ(汗)と思いました。
皆さん、狂犬病や、フィラリア症について、どれだけの知識がおありでしょうか?

狂犬病とフィラリア症って、一体どんな病気なの?今さら聞けない!と思っていらっしゃる飼い主さん、実は少なくないのではないでしょうか?
特に狂犬病については、日本では清浄国(蔓延していない国)ですので、見たことが無いのでわからない、ないしは、蔓延していないので予防注射を打っていないという方も多いかもしれません。
知らないから打たない、周りの知り合いが皆打たないと言っているから打たない、今まで大丈夫だったから打たない、これはダメです。
実際に、冒頭記述の飼い主さんに狂犬病についてじっくり話しました。驚愕していらっしゃいました。
狂犬病について、もっとちゃんと知っていただく必要があることと、狂犬病予防注射の接種率が高くない事は狂犬病に対する知識が薄いせいではないかと感じました。

狂犬病だけでなく、他の病気もそうです。予防のことと、加齢を伴って発症しやすい病気、犬種、猫種によって起こりやすい病気については、知っておこうではありませんか!
私たちもお手伝いします。

狂犬病についてはたくさん書かれているものがあります。
インターネットの恐ろしいところでもありますが、くれぐれも、正しい知識を知り、多くの情報に惑わされないように注意してください。

下にリンクを貼っておきます。
農林水産省HPより     
http://www.maff.go.jp/aqs/hou/aq3.html
日本獣医師会HPより    
http://nichiju.lin.gr.jp/ekigaku/vac.html
厚生労働省HPより     
https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou10/
国立感染症研究所HPより  
https://www.niid.go.jp/niid/ja/kansennohanashi/394-rabies-intro.html


posted by ドル at 14:27| Comment(0) | 診療(野口) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月04日

動物の歯科

こんにちは、獣医師の野口です。

先日、息子と一緒に目黒川の桜まつりに行ってまいりました。
駅の周辺はすごく多くの人でにぎわっていましたが、目黒川沿いにしばらく歩くと、ライトアップもされており、夜桜はとても雰囲気が良かったです。
ちょうど満開で見頃でしたが、風が強く、寒かったです。
IMG_20190404_011246 (1).jpg

さて、当院でのよくある診察の内容についてお話してみようと思います。
このところ、「歯が欠けてしまいました」ということで、来院される方が多いです。特に犬の場合が多いですが、皆さんのお家では、いかかですか?
飼い主さん自身が気付かれていない場合もあり、たまたま別のことで診察した際に、歯が割れていることに気が付くことがあったりもします。
多くの場合、遊んでいる時や、ガムなど硬い物を噛んでいる際に割れてしまうことが多いようです。
一昔前は、動物の蹄や、骨など硬い物を噛ませて歯を強くするといったような風潮がありました。実際に硬い物を噛むことで歯が強くなるとか、歯石を除去できるということは無く、歯が折れる、欠ける、歯の表面に傷がつくなど、歯へのダメージの方がむしろ大きいのです。

室内で犬や猫を飼育することが主流となった現在、飼主さんの口腔内の異常に気付く機会が増したり、獣医師側も、犬猫の口腔内疾患に対する治療や予防に対する方法が新しく改革されたりと、人だけでなく、動物の歯科治療や予防の意識が高まっています。こうしたことから、動物医薬品を取り扱うメーカーや業者でもデンタルケアに対する新商品が次々と登場しています。

デンタルケアや、留守番中のご褒美、噛むことへの興味に対する満足感を得るための商品も出てきています。また、口臭が気になるワンちゃん、猫ちゃんも多いかと思います。デンタルケアをどうしたらいいかと悩んでいらっしゃる場合、飼主さんへのデンタルケア指導、または院内でのデンタルケアも可能です。また、歯が割れていることに気付いている飼い主さん、どうしたらいいか迷っているようであれば相談してください。当院では歯の治療も行うことが出来ます。今は抜くだけが歯の治療ではありません。人と同じようにいつまでもしっかりと噛める歯を残して健康的に生活したいですね。歯について気になることがありましたら、お気軽に相談してみてください。
ダウンロード.jpg
IMG_20180523_204555.jpg
posted by ドル at 16:14| Comment(0) | 診療(野口) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする