2020年03月27日

眼科 その⑬:うちの子、眼が見えない?-網膜編- 

おはようございます、勤務医の林です。めっきり春になりましたね。
丸2年を迎える我が家の枝垂桜もだいぶ満開に近付いています。
line_oa_chat_200325_180950.jpg

今年咲いた物を来年も見られるとは限らないので、好きな物や
きれいな物は見られるうちにしっかり見ておきたいものです。

ということで?今回は物が見えなくなる【網膜】の病気です。
以前も『眼科その⑧』でざっくりとは書いたのですが、

http://watanabe-ah.seesaa.net/article/467671424.html
その中の網膜の病気を少し詳しく書いていこうと思います。


病気その①:網膜剥離
網膜の病気で最初に思いつくものと言えば『網膜剥離』だと思います。
まず病名が有名だし、名前からどんな病気か分かりやすいですね。

好発種:シーズー、コリー種、イタリアングレーハウンド、プードル
ただし好発犬種ではなくてもぶどう膜炎や緑内障など眼内の病気を
起こした後
は網膜剥離が起こりやすくなるので注意してください。

好発種:猫種によってなりやすい/なりにくいと言うより、
高血圧やぶどう膜炎などを起こした猫がなりやすい、と思った方が良いです。

原因としては1.遺伝性-特に原因らしいものが無くても遺伝的に発症する 
      2.続発性-ぶどう膜炎や外傷など眼の疾患の後に発症する
      3.高血圧や過粘稠症候群など全身の異常に伴って発症する
などが挙げられます。眼の病気だけでなく全身疾患にも注意ですね。


検査を行うことで、網膜剥離が『裂孔原性網膜剥離』タイプなのか
『非裂孔原性網膜剥離』タイプなのかを判断します。

(タイプに関しては難しい話になるのであえて細かい説明はしません。)

タイプが分かったらそのタイプごとに治療をしていきます。
外科治療と内科治療があるのですが、外科手術を行える病院は限られているのが
現状です。治すためには手術を行うことが必要になることも多いため、
今後手術を行える病院も少しずつ増えていくと思われます。
内科治療の場合は点眼薬や内服薬を使いますが、タイプによってはこの治療で
治ることも期待できます。


外科治療であっても内科治療であっても大事なことは、網膜剥離になってから
治療開始までの時間が短いほど視覚回復が期待できるということです。
逆に言えば、どれだけ良い治療をしようと思っても、網膜剥離になってから
時間が経ってしまっていると視覚は回復できない可能性が高いです。


次回以降に書く予定の『遺伝性網膜変性』や『突発性後天性網膜変性』などは
治療法が確立されていないため視覚回復はほぼ無理なのですが、網膜剥離は
【見えるようになる可能性がある】病気なので早めの対応を相談しましょう。


posted by ドル at 09:00| Comment(0) | 眼科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月26日

眼科 その⑫:猫(=^・・^=)の目の特徴

おはようございます、なんだか首が痛い勤務医の林です。
横に首は回るけれど、どうにも上を向けない…。湿布を貼って
多少良くなっていますが、早く治ってほしいです💧
寝違えではないと思うんだけれど、なんでしょうね? 

今回は犬と猫の目の違いについて書いてみようと思います。
外から見た大きな違いは【瞳孔】の形の違いが挙げられます。
いわゆる「猫の目のよう」に変わるあの形ですね。
細くなっているともう黒目の部分が分かりません(^_^;)

また【瞬膜】の部分を猫は自力でまぶたの外に出せます。
眼をしっかり見ようとすると、たまにそれで目の表面を
隠されてしまうことがあります。ヒドイ…(ー_ー;)


病気については以前も書いたのであまり書きませんが、
犬とくらべてなりにくい病気が何個かあります。
それが『白内障』と『緑内障』の2つです。
有名な病気2つが猫ではなりにくいっていうのも面白いです。

逆に猫のほうがなりやすい病気としては角膜疾患でしょうか。
『黒色角膜壊死』や『ヘルペスウイルス感染症』あたりが
猫特有といっていいほど猫に出やすいと思います。

治療法も単純に点眼薬のみで良くならないことが多いので
かかりつけの獣医さんとしっかり方針の相談が必要です。

点眼薬を嫌がる猫ちゃんの場合、何個か試してほしい
方法があるので気になる方はご相談ください。


手術が必要になる病気もありますが、猫で注意しないと
いけないこととして、麻酔をかける時に【開口器】で
口を大きく開いたままにしてしまうと、そのせいで
失明してしまう💥こともあります。
これも気になる方はご相談ください。


とりとめもなく色々書き連ねてみたので纏まりがないですね💦
そういう時もあるということでご容赦ください🐱


先日、日野でこんな御朱印をいただいてきたので載せておきます。
猫の日だったということでこんな御朱印でした。かわいいでしょ?笑。
IMG_20200226_010530.jpg
posted by ドル at 09:00| Comment(0) | 眼科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月24日

眼科 その⑪-2:眼の腫瘍。(犬、眼球)

おはようございます、勤務医の林です。これが今年最後の更新かな?

ようやっと、先日の健診の結果が出ました!
思っていた以上に去年より体重が減り、すこし嬉しいです✨
それでもまだ減らさなきゃいけないというこの事実…⤵
また来年に向けて一寸ずつがんばっていこうと思います。
一緒に検査した眼底や眼圧も異常が見つからず、ホッ(*´∇`*;△

と言うことで(?)、眼👀の腫瘍の2回目です。
前回は眼球そのものではなく、その周りにある組織の腫瘍について
書いてみました。なので、今度は眼球そのものの腫瘍についてです。

一言で『眼』と言っても、実際のところ、その構造は色々な
組織が組み合わさってできています。
『口』を例に出せば、その中には「歯」「歯茎」「舌」などが
あるように、『眼』そのものにも「結膜」「角膜」「網膜」など
聞いたことがあるだろうものから、マイナーな組織まで色々です。

これらを全部書いていくのは厳しいため、眼の腫瘍の中でも
主だったものを書いていこうと思います。


[角膜・強膜の腫瘍]
・角膜輪部の黒色腫
角膜と強膜の境目付近にできる、「黒色の腫瘤」です。
黒い物が大きくなるのが見えるため、発見しやすい腫瘍です。
良性の動きをすることが多いですが、良性であっても大きくなるに
したがって、緑内障や眼球炎を起こすことがあります。


[虹彩・毛様体(ぶどう膜)の腫瘍]
・ぶどう膜メラノサイト腫瘍
犬・猫ともに、眼の中で最も多く発生する腫瘍です。

虹彩黒色腫2.JPG
虹彩黒色腫.JPG
これはまだ若いボーダーコリーで見られた腫瘍です。向かって眼の
左上の方の茶色の濃い部分が腫瘍です。
犬🐶の場合、この腫瘍も良性のことが多く(80%程度が良性)、
全身転移することは少ないのですが、絶対とは言い切れません。

猫🐱の場合は、外見がこう見えないことが多いのですが、
虹彩のメラノサイト腫瘍はほぼほぼ悪性のため注意が必要です。


[網膜・視神経などの腫瘍]
この辺りに出来る腫瘍はかなり稀ですが、眼内出血や網膜剥離が
ある場合は腫瘍が原因のことがあるため、超音波検査などを
行って腫瘍がないかどうか見ることが必要です。


眼の腫瘍の場合、犬では良性のことが多く、猫では悪性のことが
多いのですが、良性であっても緑内障などを続発させることが
あるため、経過観察で絶対大丈夫とは言い切れません。
また、良性か悪性かを判断する場合は、基本的には眼球摘出を
行う必要性があることが多いです。
判断が難しい場所であるため、しっかりと眼科を勉強している
獣医師の診断を受けることをお勧めします。


次に僕がブログを更新するのは新年になってからの予定です。
年末年始、皆様と動物たちが健康に過ごせますように!
来年もよろしくお願いいたします!!



☆当院は年末年始は以下の日程で休診いたします☆

休診期間中の緊急対応についてはホームページと留守番電話にて
ご案内しておりますのでご確認ください。
図1.jpg


posted by ドル at 09:00| Comment(0) | 眼科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月26日

眼科 その⑪-1:眼の腫瘍。(犬、眼の付属器)

おはようございます、勤務医の林です。僕自身の健診がもうすぐです!
普段は動物の健診を多く行っていますが、毎年この時期に自分の健診を
行っています。またオプションで眼の検査を追加しています。
僕は小さい頃に眼の病気で2回入院したので、眼の病気に気を付けています。
去年は体重がそれなりに増えてしまっていましたが💦、今年はいかに!

当院の健診でも『眼科精査』と眼を細かく診る健診内容もありますので
ワンちゃんニャンちゃんの眼が気になる方はぜひご相談ください。


というわけで、先日チラッと書きましたが、今回は『眼の腫瘍』について、
犬から書いていこうと思います。

眼の腫瘍、と言ってもざっくり大きく、
①『眼の付属部』の腫瘍
②『眼球そのもの』の腫瘍  の2つに分けて考えます。

ここまで書いて気付いたのですが、一気に書くとかなり長くなりそうなので
何回かに分けて書いた方が良さそうです(^_^;)(気付くのが遅いとも言う)



①『眼の付属部』には、「まぶた」や「瞬膜」があげられます。

「まぶた」には眼の表面を覆う油分を出すところ(マイボーム腺)があります。
高齢になると、この『マイボーム腺』に腫瘍ができている子をよく見ます。

マイボーム腺腫.jpg

このマイボーム腺の腫瘍は「良性」が多いという報告があり、
だいたい80%前後が良性だと言われています。
逆に言うと20%は悪性のため、様子を見ても絶対大丈夫とは言えません。
ただ、僕自身の感覚だと良性である可能性はもっと高いようにも思います。

また、たとえ良性だったとしても、腫瘍が大きくなってしまうと腫瘍が直接
眼球表面に当たって
しまい、刺激になったり傷を付けたりすることがあります。
その場合は、やはり、手術が必要になることが多いです。
良性か悪性かは切除して検査しないと確定できないため、その辺りを
お伝えし、手術を行うかどうかを飼い主様と相談しています。

また、マイボーム腺の腫瘍以外にもまぶたに出来る腫瘍はありますが、
基本的に悪性より良性の方が発生は多いです。
ただ、どれも見た目だけで「絶対大丈夫」とは言い切れないため、
きちんとかかりつけの獣医師と相談してもらうのが良いと思います。



「瞬膜」は目頭側に隠れている3つめのまぶたですが、ここは涙の水分を
作る機能などがあります。この瞬膜も高齢になると腫瘍ができることが
ありますが、腫瘍の発生率はそれほど高くありません。

↓下の写真は瞬膜腺癌のワンちゃんです。見る人によっては少し怖く
見えるかもしれないので、あえて写真を小さくしてあります。
クリックすると大きいサイズで見られますが、生々しい写真が苦手な方は
見ない方が良いかもしれません。

瞬膜腺癌.jpg
瞬膜腺癌によって、眼球が左上の方に追いやられてしまっています。

瞬膜の腫瘍は多くの場合で悪性のため、その腫瘍に対しどのように治療を
行っていくか、しっかりとした相談が必要です。


【腫瘍】と言っても出来る場所や状況により、予後は大きく変わってきます。
そのため、その子その子の状況に応じてどう治療をするかも変わってきます。
気になることがある場合は、正確な知識を持つ、信頼できる獣医師に
早めに相談してください。

posted by ドル at 09:00| Comment(0) | 眼科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月09日

眼科 その10.5:ワイルドだろぉ?(←古い)

おはようございます、勤務医の林です。眼科シリーズが2ヶ月空いていた!
というわけでたまにやっている眼科の小噺シリーズです。

僕は常に眼鏡をかけていて、コンタクトは使ったことがありません。
理由は単純にコンタクトが怖いから💥
同じ理由で目薬も自分に上手く差せません。眼科を主に診療しているのに
それはそれでどうなんだろうかと思うことは正直あります💧

動物でもコンタクトを治療法の1つとして使うことはありますが、
人のように普段使いすることはありません。
ですが、眼鏡なら! 眼鏡なら動物でも普段使いできるのです!
まぁ、眼鏡というよりも、ゴーグルと言った方が正しいですね💦
3-1.jpg

この子は以前もブログに登場した子ですが、病気の影響で両眼とも
義眼になりました。当然眼が見えないため、お散歩の時に草むらに入って
眼を傷つけてしまうことが起きたため、オーナー様と相談しゴーグルを
かけてもらうことにしました。

6-1.jpg
ゴーグルのない素顔がこの状態。この顔だと可愛い系ですが、

2-1.jpg
ゴーグルをかけるとこの状態。ワイルドでかっこいいですね🎵


眼が見える普通の子でも、お散歩中に草むらに顔から突っ込んで
眼を傷つけてしまう子がたまにきます。
そんな子にも上のようなゴーグルは良いと思いますよ✋

興味のある方はご相談ください。


僕自身が目薬をできるようになる日が来るとは思えないので、眼の病気には一生なりたくありません💦
posted by ドル at 09:00| Comment(0) | 眼科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする