2020年03月27日

眼科 その⑬:うちの子、眼が見えない?-網膜編- 

おはようございます、勤務医の林です。めっきり春になりましたね。
丸2年を迎える我が家の枝垂桜もだいぶ満開に近付いています。
line_oa_chat_200325_180950.jpg

今年咲いた物を来年も見られるとは限らないので、好きな物や
きれいな物は見られるうちにしっかり見ておきたいものです。

ということで?今回は物が見えなくなる【網膜】の病気です。
以前も『眼科その⑧』でざっくりとは書いたのですが、

http://watanabe-ah.seesaa.net/article/467671424.html
その中の網膜の病気を少し詳しく書いていこうと思います。


病気その①:網膜剥離
網膜の病気で最初に思いつくものと言えば『網膜剥離』だと思います。
まず病名が有名だし、名前からどんな病気か分かりやすいですね。

好発種:シーズー、コリー種、イタリアングレーハウンド、プードル
ただし好発犬種ではなくてもぶどう膜炎や緑内障など眼内の病気を
起こした後
は網膜剥離が起こりやすくなるので注意してください。

好発種:猫種によってなりやすい/なりにくいと言うより、
高血圧やぶどう膜炎などを起こした猫がなりやすい、と思った方が良いです。

原因としては1.遺伝性-特に原因らしいものが無くても遺伝的に発症する 
      2.続発性-ぶどう膜炎や外傷など眼の疾患の後に発症する
      3.高血圧や過粘稠症候群など全身の異常に伴って発症する
などが挙げられます。眼の病気だけでなく全身疾患にも注意ですね。


検査を行うことで、網膜剥離が『裂孔原性網膜剥離』タイプなのか
『非裂孔原性網膜剥離』タイプなのかを判断します。

(タイプに関しては難しい話になるのであえて細かい説明はしません。)

タイプが分かったらそのタイプごとに治療をしていきます。
外科治療と内科治療があるのですが、外科手術を行える病院は限られているのが
現状です。治すためには手術を行うことが必要になることも多いため、
今後手術を行える病院も少しずつ増えていくと思われます。
内科治療の場合は点眼薬や内服薬を使いますが、タイプによってはこの治療で
治ることも期待できます。


外科治療であっても内科治療であっても大事なことは、網膜剥離になってから
治療開始までの時間が短いほど視覚回復が期待できるということです。
逆に言えば、どれだけ良い治療をしようと思っても、網膜剥離になってから
時間が経ってしまっていると視覚は回復できない可能性が高いです。


次回以降に書く予定の『遺伝性網膜変性』や『突発性後天性網膜変性』などは
治療法が確立されていないため視覚回復はほぼ無理なのですが、網膜剥離は
【見えるようになる可能性がある】病気なので早めの対応を相談しましょう。


posted by ドル at 09:00| Comment(0) | 眼科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください