2020年03月20日

手術:歯冠の修復を行いました

 院長の渡邊です。
当院ではレーザー治療、眼、腫瘍などそれぞれの分野でさまざまに特化した診療を行っておりますが、歯科治療にも力を入れており、一般的に行われるような歯を綺麗にする処置だけでなく欠けてしまった歯の歯冠修復なども手掛けております。
先日、奥歯(前臼歯)が欠けてしまったわんちゃんの歯の修復処置を行いましたので、その概要について記述いたします。

昔からわんちゃんにはおやつやオモチャとして骨やヒヅメなどが与えられてきました。今でもペットショップに行くとおやつ売り場には様々な種類の噛ませるためのおやつが売られています。ですが、売られている物の多くはわんちゃんの歯には硬すぎて悪影響を与えてしまうのです

IMGP6454.JPG
多くの場合はこの写真のように一番大きな奥歯(前臼歯)が割れてしまいます。この様になってしまうと歯の内部である歯髄と言われる部分が露出(露髄)してしまい、そこから歯髄へ細菌感染が起きてしまいます。その結果として歯に痛みが出たり、歯根部が化膿して腫れてきたり、場合によっては細菌が体内に巡ってしまい心臓病や腎臓病の引きがねになることさえあります。
そのような事が起こらないようにするため、当院では人の歯科と同様な歯冠修復処置を行っております。



IMGP6456.JPG
まず最初に欠けてしまった歯だけでなく全ての歯をスケーリング治療で綺麗にします。
きれいにした後は欠けて露髄してしまった部分の周りにドリルを使いくぼみを作ります。


IMGP6461.JPG
その部分に様々な処置をし歯科用のセメントを載せて固めます。

最後に修復した歯だけでなくそれ以外の歯も含めすべての歯を歯科用研磨機で磨きあげて表面を滑らかにします。


あまりにも状態の悪い歯の場合は、歯冠修復処置を行わず抜歯を行うこともあります。それは修復し歯を残すことで、将来的に大きな問題が発生することが予測されるためです。当院ではわんちゃん達それぞれの歯の状態にあわせて最適な治療法を提案しておりますので、気になることがあるようでしたらご来院ください。
posted by ドル at 09:00| Comment(0) | 診療(院長) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください