2020年03月13日

高齢シリーズ その⑤:内分泌

こんにちは、勤務医の林です。桜の開花予報ではもうすぐ桜🌸が
咲きそうといわれています。やっぱり今年は早いですねー。
春が来れば我が家の猫の病気が見つかってちょうど丸一年。
時の経つのは速いものです。・・・、本当に速くて困る…⤵
我が家の猫🐱も治療中の『甲状腺機能亢進症』ですが、これは高齢に
なってきた猫でしばしば見られる内分泌疾患です。幸いにも薬で
コントロールできているので、このまま行けると良いですね。

というわけで?今回の高齢シリーズは内分泌疾患です。
まず【内分泌疾患】とはなんぞや?という所から書いていきますが、
「内分泌疾患とは体の中でもホルモン分泌に関連する病気」です。
なにやら難しそうな説明ですが、何個か病気を挙げていく中には
よく聞く病気もあるのでそんなに難しくはないハズ?💦


①糖尿病
とてもよく知られた病気ですね。最初に知っておいてほしいこととして
『太ってなくても糖尿病になることある!』ということがあります。
詳しい内容は省きますが、糖尿病の種類によってその後の治療が少し
変わってきます。その辺りはかかりつけの先生にご確認ください。

また大事なこととして『糖尿病は死ぬ可能性がある病気』ということも
挙げられます。そのため早期発見/早期治療がとても大事なのです。
早期発見のために自宅で気をつけて観察するポイントは
●排尿量が多い/飲水量が多い
●よく食べるけど痩せやすくなる  この2点に注意してください。

色々な合併症があり、命取りになることもある病気です。
糖尿病になると白内障にもなります! 眼科的にも要注意!


②甲状腺機能【亢進】症
この病気は中齢以上の猫🐱でちょこちょこ見られます。
甲状腺が働きすぎてしまう病気です。
この病気になると出やすい症状として、教科書的には
●排尿量が多い/飲水量が多い(←糖尿病と一緒)
●よく食べるけど痩せやすくなる(←糖尿病と一緒)
●動きが多くなり、場合によっては攻撃的になる
などが言われていますが、他には僕の経験的に
●吐きやすくなる   も症状として出やすいようです。

糖尿病と併せて、飲水量・尿量が多くなる病気です。
治療が遅れると高血圧から眼底出血や網膜剥離になることもあるので、
この病気も眼科的に注意が必要な病気です。


③甲状腺機能【低下】症
こちらは甲状腺が働きが落ちる病気で中齢以上の犬🐶に多いです。
この病気の症状は
●動きが悪くなって太る
●皮膚の状態が悪くなる
●顔が元気が無い感じになる

ポイントとしては『たんなる老化と間違えやすい』症状です。
老化かと思っていたらこの病気だった、ということもあるので
まずは一度相談してみてもらえればと思います。


④副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)
副腎が働きすぎる病気で、主に犬🐶に多い病気です。
この病気の症状は
●飲水量と尿量が増える(また出た!)
●毛が薄くなり、おなかが出てくる   が出やすいです。

以前はこの病気になっても寿命は短くならないと言われていましたが、
現在は合併症によって死亡してしまうことが知られています。
早めに見つけて対処することで急死を防ぐことが大事です。


内分泌疾患はこの4つで80%くらい占めているイメージがあります。
気になることがあれば早めにご相談ください。
posted by ドル at 17:00| Comment(0) | 診療(林) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください