2020年02月04日

高齢シリーズ その④:口腔

ややショッキングな画像があるため、血などに弱い方は画像にご注意ください。

おはようございます、勤務医の林です。節分でしたね⤴
皆さまは恵方巻は食べましたか? 僕がスーパーに寄った時には
もう残っていませんでした⤵
年の数だけ豆を食べるのは「福を年の数だけ体に入れる」と
言うことが由来らしいですが、若い人だって福をいっぱい体に
入れたって良いじゃないかと思います。
ともあれ、福豆を摂って皆が幸福で長生きできると良いですね。

しかし、歳を取るとどうしても歯周病など口腔疾患が起きてきます。
犬や猫の場合、3歳以上の子の80%以上💥が歯周病を持っていると
いう報告もあるくらい口腔の異常は起こりやすい病気です。

自身で歯磨きが出来ないワンちゃんニャンちゃんの歯はどうしても
歯垢が付いて、歯石に覆われていきやすいです。
また最近では、無麻酔下での歯石取りを行う施設が増えていますが、
そういった施設では歯肉内の処置は行えないため、外見上はきれいに
見えても、見えない部分で歯周病が進行してあごの骨が融けている💥💥
ワンちゃんが来られることもあります。

・無麻酔下では歯肉内の処置は痛がるため行うことが困難である
  ・獣医師以外が出血を伴う処置を行うことは獣医師法違反になる
  という理由により一般施設で歯肉内処置は行うことがほぼ不可能である)

歯肉内で歯周病が進行するとあごの骨の中まで細菌感染が進行し、
歯の根っこの部分(根尖部)の骨が融けて歯がグラグラして抜けてしまうことが
多いのですが、奥歯の場合は根尖部が3本に分かれているため、1本の根尖が
ダメになっても残った根尖で歯が抜けないこともよくあります。

大きな声では言えませんが、どちらがまだマシかと言えば悪い歯は抜けて
しまった方がその部分は落ち着いてくれやすいです。
(本当はそうなる前にしっかり処置してあげるのが良いのですが。)
悪い歯が残っているとその部分で細菌がいつまでも増殖し、どんどん化膿が
悪化し、あごの骨が融け、上あごの場合は眼の下に穴が開きます💣💥

この子は眼の下から膿が出てきてしまい、投薬ではなかなか治まらないため
最終的に全身麻酔下で歯の処置を行いました。
歯の表面部分はそんなに汚れはひどくないのですが、よく見ると根尖部は
歯石がけっこう付いているのが見えます。
IMGP6321-1.png

ここまで状態が悪くなっていると抜歯が必要になります。
IMGP6324.png

奥歯の根尖部分がひどい化膿を起こして、完全に穴が開いていました。
IMGP6327.png

また、下あごの場合だと骨折して口が閉じられない辛い状態になります💥


猫だと『歯の吸収病巣』という疾患もあります。犬でもたまにありますが、
圧倒的に猫の方が発生率が高く、発生率は約50%という報告もあります。
この病気も歯がなくなってしまう病気であり、痛みも出やすい病気のため
猫の場合は歯石だけでなくこの病気にも注意が必要です。


高齢まで歯をなるべく残してあげるためには歯磨きが出来れば一番ですが、
中々できないことも多いので当院では歯磨き以外にも様々な口腔ケアを
飼い主様に提案しています。
歯磨き以外ではどんなやり方があるのかなど、お気軽にご相談ください。

posted by ドル at 09:00| Comment(0) | 診療(林) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください