2019年12月24日

眼科 その⑪-2:眼の腫瘍。(犬、眼球)

おはようございます、勤務医の林です。これが今年最後の更新かな?

ようやっと、先日の健診の結果が出ました!
思っていた以上に去年より体重が減り、すこし嬉しいです✨
それでもまだ減らさなきゃいけないというこの事実…⤵
また来年に向けて一寸ずつがんばっていこうと思います。
一緒に検査した眼底や眼圧も異常が見つからず、ホッ(*´∇`*;△

と言うことで(?)、眼👀の腫瘍の2回目です。
前回は眼球そのものではなく、その周りにある組織の腫瘍について
書いてみました。なので、今度は眼球そのものの腫瘍についてです。

一言で『眼』と言っても、実際のところ、その構造は色々な
組織が組み合わさってできています。
『口』を例に出せば、その中には「歯」「歯茎」「舌」などが
あるように、『眼』そのものにも「結膜」「角膜」「網膜」など
聞いたことがあるだろうものから、マイナーな組織まで色々です。

これらを全部書いていくのは厳しいため、眼の腫瘍の中でも
主だったものを書いていこうと思います。


[角膜・強膜の腫瘍]
・角膜輪部の黒色腫
角膜と強膜の境目付近にできる、「黒色の腫瘤」です。
黒い物が大きくなるのが見えるため、発見しやすい腫瘍です。
良性の動きをすることが多いですが、良性であっても大きくなるに
したがって、緑内障や眼球炎を起こすことがあります。


[虹彩・毛様体(ぶどう膜)の腫瘍]
・ぶどう膜メラノサイト腫瘍
犬・猫ともに、眼の中で最も多く発生する腫瘍です。

虹彩黒色腫2.JPG
虹彩黒色腫.JPG
これはまだ若いボーダーコリーで見られた腫瘍です。向かって眼の
左上の方の茶色の濃い部分が腫瘍です。
犬🐶の場合、この腫瘍も良性のことが多く(80%程度が良性)、
全身転移することは少ないのですが、絶対とは言い切れません。

猫🐱の場合は、外見がこう見えないことが多いのですが、
虹彩のメラノサイト腫瘍はほぼほぼ悪性のため注意が必要です。


[網膜・視神経などの腫瘍]
この辺りに出来る腫瘍はかなり稀ですが、眼内出血や網膜剥離が
ある場合は腫瘍が原因のことがあるため、超音波検査などを
行って腫瘍がないかどうか見ることが必要です。


眼の腫瘍の場合、犬では良性のことが多く、猫では悪性のことが
多いのですが、良性であっても緑内障などを続発させることが
あるため、経過観察で絶対大丈夫とは言い切れません。
また、良性か悪性かを判断する場合は、基本的には眼球摘出を
行う必要性があることが多いです。
判断が難しい場所であるため、しっかりと眼科を勉強している
獣医師の診断を受けることをお勧めします。


次に僕がブログを更新するのは新年になってからの予定です。
年末年始、皆様と動物たちが健康に過ごせますように!
来年もよろしくお願いいたします!!



☆当院は年末年始は以下の日程で休診いたします☆

休診期間中の緊急対応についてはホームページと留守番電話にて
ご案内しておりますのでご確認ください。
図1.jpg


posted by ドル at 09:00| Comment(0) | 眼科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください