2019年07月16日

猫の慢性腎臓病 後編

こんにちは。獣医師の野口です。
今回は前回に引き続き、猫の慢性腎臓病の後編です。


腎臓病どうしたらいいの?
腎臓病は症状が現れた時には時すでに遅し。腎臓の全体の細胞の3分の2以上が破壊されないと、明らかな症状は出てきません。
しかし、腎臓の細胞は一度壊されるともとに戻ることはありません。
破壊されると残った細胞で仕事をこなさなければなりませんので、残った細胞に負担がかかり、徐々に進行していきますので、
進行を全くストップすることはできません。
したがって早期に発見し、いち早く残存している細胞に負担をかからないように腎臓を保護することが大事なのです。

腎臓病の早期発見のために
腎臓病は血液検査や、尿検査、超音波検査などで検査をします。
特に血液検査については定期的に測定して数値が高くなっていないかを見ていくことが必要です。
犬では春にフィラリア予防の検査のために血液検査を受ける機会がありますので、
ほとんどの犬で血液中の尿素窒素の数値は測っています。(当院では)
猫については健康診断を受けない限り、血液検査をする機会が無いため、腎臓病かどうかの検査を受ける機会がありませんので、
症状がひどく現れてから来院することが多く、発見から死亡までの日数が犬に比べて明らかに短いです。
というのは犬は普段の血液検査で発見されることが多いため、初期の段階で対応できているからです。
これまで、尿素窒素、クレアチニンという数値が腎臓病に特化した検査として行われてきましたが、
それらの数値よりもさらに早期発見に特化した血液検査が行われるようになりました。
(犬ではシスタチンC、SDMA、猫ではSDMAのみ)

早期発見の検査について
動物の一年は人の一年と大きく違います。
シニア、特に10歳を超えている犬猫は慢性腎臓病になる可能性は誰でも持っていると言ってもいいでしょう。
そのような年齢の犬猫については健康であっても、前回の血液検査に異常な数値が無くても、
最低でも半年に一度は血液検査をする必要があると考えます。
これは慢性腎臓病に限らず、他の病気についても言えることです。
どんなに健康に見えても、半年に一度は動物病院で健康チェックをしてもらうことをお勧めします。

慢性腎臓病の治療について
医学的な内容をお話しすることはここでは致しません。
慢性腎臓病になって、お家でできることをお話しいたします。
お話ししたとおり、慢性腎臓病では、血液中の尿素窒素(毒素)や、腎臓の細胞に負担をかけてしまう血液中のリン(P)を減らすことが大事です。
そのためには、食餌療法が効果的です。腎臓病用の療法食(処方食)には、尿素窒素の元になるたんぱく質の配合が、他のフードよりも少なくなっています。また、良質なたんぱく質を使用することで、筋肉量の減少を防ぐことが出来ます。さらに、フードの中のリンの含有量も少なくなっています。このような腎臓病用の療法食は各社メーカーで製造されています。量販店で売られているシニア用フードで「腎臓に配慮している」と表示されているものは療法食ではありません。
シニアの犬猫で、まだ一度も検査をしたことが無い方は、動物病院で血液検査をし、療法食の指導を必ず受けてください。
現在、まだ慢性腎臓病と診断を受けていない犬猫や、シニアで、慢性腎臓病が心配な方にも適切なアドバイスをさせていただきます。

ただ今、早期の慢性腎臓病用のネコちゃんのフードのサンプルをお渡しすることが出来ます。対象は10歳以上のシニアのネコちゃんで、検査をしたことが無いけれど、フードを試してみたい方にドライフード、缶詰のセットをお渡しいたします。お声掛けください。DSCN6144.JPG




療法食についてはネット販売もされていますが、飼主さんのご判断で注文するのはどの種類のフードであっても避けるべきです。獣医師の指導の下購入してください。
posted by ドル at 16:04| Comment(0) | 診療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください