2019年05月14日

季節の話 その②:熱中症に注意!

勤務医の林です。腰痛がようやく良くなってきました。
あとはぶり返しが来なければいいのですが…怖い💦
今後も毎日のストレッチは続けていこうと思います⤴


本日はこの季節から注意してほしい話題。

【熱中症】

知らない人はいないほど有名な病気だと思います。
詳しくは書きませんが、気温が上がると起きる病気ですね。

ではどのくらいの暑さから気にした方が良いのか?と言うと、
湿度にもよりますが25℃を超えるあたりが一つの目安になると思います。

ワンちゃんニャンちゃんの快適に生活できる温度/湿度は
気温:20℃前後 湿度:50%前後 と言われています。
当然、犬種・猫種や体格、毛の長さによっても変わってくるので
一概にこれがすべての子に当てはまるとは言い切りませんが、
大体の目安としてはこのくらいで良いと思います。

そして、25℃という気温のライン。
これを超える日が続きやすくなるのがだいたいゴールデンウィーク前後です。

5月中だと多少気温が上昇しても冷房を点けない家庭も多く、
数日気温が高い日が続いた時に体調を崩す動物が病院に来られます。
とくに最初は「下痢をした」という症状が多いです。

明らかな熱中症の症状ではないのですが、タイミングや原因を探ってみて、
暑さによる下痢なんだろうと個人的には思っています。

さらにひどくなると、元気/食欲の低下やふらつきなども起きてきます。
最悪、けいれんを起こし亡くなってしまうこともあります。


この時期は「まだ5月だから冷房しなくて大丈夫」と思わず、
気温が高くなる日にはぜひ冷房を点けてあげてください。


ちなみに、マメ知識的な内容ですが、
熱中症とともに熱射病という単語もよく聞きますが違いとしては、

熱中症病気の名前で、
熱射病熱疲労、熱痙攣とともに熱中症の症状名です。
(熱痙攣 ⇒ 熱疲労 ⇒ 熱射病 の順に重度になります)


5月は気温の寒暖差が激しく体調管理が難しいのは人も動物も一緒です。
むしろ、毛皮を着ている分だけ動物の方が暑さにも弱いです。
気温が高くなりそう日にはお昼の時間だけでも冷房を点けてあげてください。

posted by ドル at 12:00| Comment(0) | 診療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください