2019年12月24日

眼科 その⑪-2:眼の腫瘍。(犬、眼球)

おはようございます、勤務医の林です。これが今年最後の更新かな?

ようやっと、先日の健診の結果が出ました!
思っていた以上に去年より体重が減り、すこし嬉しいです✨
それでもまだ減らさなきゃいけないというこの事実…⤵
また来年に向けて一寸ずつがんばっていこうと思います。
一緒に検査した眼底や眼圧も異常が見つからず、ホッ(*´∇`*;△

と言うことで(?)、眼👀の腫瘍の2回目です。
前回は眼球そのものではなく、その周りにある組織の腫瘍について
書いてみました。なので、今度は眼球そのものの腫瘍についてです。

一言で『眼』と言っても、実際のところ、その構造は色々な
組織が組み合わさってできています。
『口』を例に出せば、その中には「歯」「歯茎」「舌」などが
あるように、『眼』そのものにも「結膜」「角膜」「網膜」など
聞いたことがあるだろうものから、マイナーな組織まで色々です。

これらを全部書いていくのは厳しいため、眼の腫瘍の中でも
主だったものを書いていこうと思います。


[角膜・強膜の腫瘍]
・角膜輪部の黒色腫
角膜と強膜の境目付近にできる、「黒色の腫瘤」です。
黒い物が大きくなるのが見えるため、発見しやすい腫瘍です。
良性の動きをすることが多いですが、良性であっても大きくなるに
したがって、緑内障や眼球炎を起こすことがあります。


[虹彩・毛様体(ぶどう膜)の腫瘍]
・ぶどう膜メラノサイト腫瘍
犬・猫ともに、眼の中で最も多く発生する腫瘍です。

虹彩黒色腫2.JPG
虹彩黒色腫.JPG
これはまだ若いボーダーコリーで見られた腫瘍です。向かって眼の
左上の方の茶色の濃い部分が腫瘍です。
犬🐶の場合、この腫瘍も良性のことが多く(80%程度が良性)、
全身転移することは少ないのですが、絶対とは言い切れません。

猫🐱の場合は、外見がこう見えないことが多いのですが、
虹彩のメラノサイト腫瘍はほぼほぼ悪性のため注意が必要です。


[網膜・視神経などの腫瘍]
この辺りに出来る腫瘍はかなり稀ですが、眼内出血や網膜剥離が
ある場合は腫瘍が原因のことがあるため、超音波検査などを
行って腫瘍がないかどうか見ることが必要です。


眼の腫瘍の場合、犬では良性のことが多く、猫では悪性のことが
多いのですが、良性であっても緑内障などを続発させることが
あるため、経過観察で絶対大丈夫とは言い切れません。
また、良性か悪性かを判断する場合は、基本的には眼球摘出を
行う必要性があることが多いです。
判断が難しい場所であるため、しっかりと眼科を勉強している
獣医師の診断を受けることをお勧めします。


次に僕がブログを更新するのは新年になってからの予定です。
年末年始、皆様と動物たちが健康に過ごせますように!
来年もよろしくお願いいたします!!



☆当院は年末年始は以下の日程で休診いたします☆

休診期間中の緊急対応についてはホームページと留守番電話にて
ご案内しておりますのでご確認ください。
図1.jpg


posted by ドル at 09:00| Comment(0) | 眼科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月21日

泉岳寺にて義士祭

受付の留美子です💕

忠臣蔵の義士祭にやっといけました。
忠義物語に大変弱い私にとって〰️感慨無量です。
2309.jpg
300数年前12月14日討入りがあった日は雪⛄❄️が降りしきっていたのに~ 今日の暖かい事‼️

土曜日とあって➰人も多くお線香でむせかえってました。
2302.jpg  2303.jpg


posted by ドル at 09:00| Comment(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月17日

高齢シリーズ その③:関節

おはようございます、勤務医の林です。
最近はなんやかんやと忙しくてボルダリングにあまり行けてません⤵
おかげで(?)、良いのか悪いのか、指の痛みが大分減っています。
ですが最近肩を動かすとちょいちょい音が鳴ります。大丈夫かな?

寒くなってくると関節の痛みも出やすいので、今回の高齢シリーズは
関節について書いてみようと思います。

まず、最初に知ってほしいこととして、
猫🐱は【骨関節炎】になっている可能性がとても高いのです!
12歳以上の猫の90%以上の子に骨関節炎があるという報告があります。
また、犬🐶でも20%が骨関節炎を持っていると言われています。

次に、起きやすい病気を挙げていくと
・股関節形成不全
・前十字靭帯断裂
・肩関節不安定症
・変形性脊椎症    などが出やすくなります。

漢字が多くて読みにくいし、どんな病気か分かりにくいですね💦
なので、それぞれの病気を簡単に解説していこうと思います。


【股関節形成不全】
ざっくり言えば「股関節」の「形成」がおかしい、という病気です。
成長期の異常で生後6ヵ月ごろに症状が出やすいのですが、症状はその後
一度落ち着いた後、加齢などにより8歳前後から再度出やすくなります。

主な症状は『運動後の跛行』『変な歩き方』『活動性の低下』です。
興味深いことに、[痛みで足を挙げる]症状はほぼ出ません。

治療法は内科治療と外科治療に分かれますが、ほとんどの場合は
内科治療で症状をある程度に抑えていきますが、コントロール不可の
場合には外科治療を検討することもあります。


【前十字靭帯断裂】
「前十字靭帯」は膝にある靭帯の名前ですが、なんとなく聞いたことが
ある人もいるかもしれませんね。この靭帯が部分的にもしくは完全に
切れてしまう病気で、中齢以上の犬の後肢跛行の原因でよく見られます。

症状は『繰り返し跛行が起きる』『後肢を挙げてしまう』『横座り』が
主に出やすい症状です。

治療は早期の外科治療が推奨されていますが、症状や程度などから判断し
内科治療を行いながら経過を見て行くこともあります。


【肩関節不安定症】
肩関節に慢性的な外傷が加わることで起きる病気のため、活動性の高い
犬で発生が多い病気です。大型犬に多いイメージがあります。

『運動後の痛みを繰り返す』『わきを抱えると痛くて鳴く』という
前肢に出る症状が一般的です。

治療は外科治療が良いと言われていますが、安静を保ちながら内科治療を
行っていき、この病気と付き合っていくこともあります。


【変形性脊椎症】
これが関節炎かどうかというと少し違うかもしれませんが、今まで書いて
来た中で圧倒的に発生率が高い、背骨の一部が変形していく病気です。
レントゲンを撮った時に偶然見つかることも多いです。

多くの場合は無症状で終わることが多いですが、骨盤付近の脊椎で
変形が起きると神経症状が出ることもあります。
症状が無ければ基本的に無治療で経過観察していきます。


どの病気であっても、症状が出ないようにしていくのが一番のため、
定期的に病院で確認してもらうことが良いと思います。
気になることがあれば早めにかかりつけの獣医師にご相談ください。


✨年末年始の休診日のお知らせ✨

当院は年末年始は以下の日程で休診いたします。

休診期間中の緊急対応についてはホームページと留守番電話にて
ご案内しておりますのでご確認ください。

図1.jpg

posted by ドル at 09:00| Comment(0) | 診療(林) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月14日

お知らせ:「Pet博 2020」が開催されます。

おはようございます、勤務医の林です。今週末は御徒町に行ってきます✨
アメ横が賑わう季節になりましたね。お正月に向けて何か用意するという
わけでもなく、ただ単に御徒町をウロウロしてラム料理を食べに行く、
というだけなのですが、時期が時期だけに心が浮き立ちますね。

そんな暇があるなら家の大掃除をしなきゃ、という自責の念もありますが💧
それでも出掛けたくなるもので、皆様はどこかに行かれますか?


最近お知らせが続いてしまいます💦 次以後は違う筈なのでご容赦を。

「Pet博 2020」が1/11~1/13の間、パシフィコ横浜で開催されます。
2294.jpg

横浜なので遠いですが、行かれた方の話だと結構楽しめるそうです。
当院でも割引券をお渡ししておりますので、興味を持たれた方は
スタッフまで声をおかけください。

御徒町でラム料理。好きな方ならピンと来るかも?
鎌倉のドイツ料理や、八王子や東大和での焼肉、も同じですね。最近はabema TVでよく観ています。
posted by ドル at 09:00| Comment(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月10日

お知らせ:「Zutto Pet」第7号が届きました。

おはようございます、勤務医の林です。寒さに負けて?猫が毎日
朝まで布団に入ってきています。この現金な奴め!笑。
建前:獣医師的にはペットと一緒に寝ることはお勧めしません❗
(本音:そうは言っても可愛いし、しょうがないじゃないか!💥)

まぁ、それはさておき、今日は冊子が届いたお知らせです。
産経メディックスさんが出しています「Zutto Pet」の最新号が届きました。
2286.jpg

今回もワンちゃん向けの美味しそうな料理レシピや、ニャンちゃん用の
ミルクサプリなどの話題が載っています。
また、読者様向けのプレゼントもありますので、ご興味がありましたら
待合室からご自由にお持ちかえりください。
posted by ドル at 00:00| Comment(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする