2019年09月25日

学会報告 光治療 その1

こんにちは!
院長の渡邊です。

9月19日(木)と20日(金)の2日間にわたって東京の市谷で開催された
学会について報告させて頂きます。

pdm2019ポスター.png

学会名は「日本光線力学学会」と言います。

1905.jpg

あまり聞きなれない名称ですが、人医界ではすでに学会が設立されて29年たちます。
私は、第一回からの会員ですが、毎回出席しているわけではありません。

今回は是非とも参加したいプログラムがありました。
メディアでも話題になった『がんの近赤外線免疫療法』です。

講演されるドクターは米国国立がん研究所の 小林 久隆 先生です。
先生とは以前、日本胎盤臨床医学会でお会いしたことがあり、
今回の講演を楽しみにしておりました。

1906.jpg

当院でも2013年よりレーザーを使用した「がんに対する光免疫誘導療法」を
鳥取大学との共同研究で臨床試験を行っております。
既に臨床効果が出て一時寛解されたワンちゃんもおりましたが、
充分な効果が得られない症例もありました。

この治療のポイントは、癌を攻撃する光感受性物質をいかに癌に集積させるかということです。
小林先生の方法では、がんに特異的な抗体と光感受性物質の合体を用いて
癌を狙い撃ちすることで治療効果を上げております。
しかし抗体の合致が無ければ治療効果が落ちます。

我々の方法は、攻撃物質を癌に集積しやすいように微細な小胞体と言うカプセルを作成してその中に入れ、静注後に小胞体が癌に集積した時にレーザーを照射してがんを攻撃します。
しかし、集積しにくい癌は治療効果が低下します。

それぞれ一長一短があり、これからの研究に期待するところです。

その2 ではがんをはじめ、他の疾患での光治療についてアップいたします。

一つ先の治療を目指して
物言わぬ小さな命のために



posted by ドル at 17:00| Comment(0) | 診療(院長) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月24日

休日 その⑨:巾着田の曼珠沙華

おはようございます、勤務医の林です。
暑い日があったかと思えば急に涼しくなったり。体が中々ついていけません⤵

今年は連休が二週連続であり、どこか出掛けられた方も多かったかと思います。
僕自身はバイクでウロウロしていましたが、出先で多少の雨☔に振られ
合羽を持っていかずに出掛けたことを後悔するハメに💧
周到な準備はやっぱり大事ですね!

今回のお休みは、
①第2回昭島矯正展(22日)
②日高市巾着田の曼珠沙華公園(23日) に行ってきました。
どこかでニアミスしている方もいらっしゃるかもしれませんね。

①の『昭島矯正展』は休日その③で書いたものの第2回です。
IMG_20190922_105806.jpg
患者様から21・22日に行われることを教わり、朝一番で行ってきました。
開場は9時からですが、門の前に開場待ちの列ができてるという盛況ぶり。笑。

スタンプラリーをやりつつ、今度こそという気持ちで刑務所作業品を見てたら、
前回買えなかったバーベキューコンロが残ってました! しかもラスト1個!
これはもう縁があるということで買い、更には黒糖焼酎も買い(笑。)、
バーベキューと酒盛りをしろと言わんばかりのセットですね🎶

庭に程よく雑草が生えてきていたため除草剤を撒き、着々とバーベキューの
準備中です。後はいつやるかが問題ですが、晩秋くらいも良いかもですね。


②の『巾着田の曼珠沙華』も患者様に以前教えていただいたものです。
自宅の近くで曼珠沙華が咲き始めたのを見て、ふと行ってきました。

埼玉は秩父の芝桜ばかりで巾着田の曼珠沙華を見に行くは初めてですが、
やっぱり曼珠沙華はなんでか分からないけど好きですね。
IMG_20190923_135400_2.jpg
白色とかピンク色とかもたまに見かけますしそれも綺麗だと思いますが、
自分としてはやっぱり深い朱色の曼珠沙華が一番好きです。
IMG_20190923_143620.jpg

巾着田公園は奥の方に遊べる川もあり、家族で観に行くのも良さそうです。
IMG_20190923_143047.jpg

ただ実際の所、日なたはちょこちょこ咲き始めていますがまだ満開ではなく、
今週末(28・29日)あたりが満開になりそうです。
木陰の下はまだこんな感じ。
IMG_20190923_144031.jpg

だいぶ出掛けるのに好い気候になってきたので、10月もどこかに行けたらと
思っています。12月になったらバイクで出掛けるのは厳しいなぁ・・・。

posted by ドル at 09:00| Comment(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月17日

よくある病気 その①:外耳炎① 動物の耳≠人の耳

おはようございます、勤務医の林です。夏が戻ってきてますね⤵
急に暑くなると熱中症とともに下痢をする子が多くなります。
また、湿度も高いので皮膚病や外耳炎が悪くなりやすくもなっています。
なにか体調で気になることがありましたらお気軽にお問い合わせください。

最近はお知らせと休日シリーズの話題が多かったので、今度は病院でよくある
病気を解説するシリーズをやっていこうと思います。
まずは本当に本当によくあり、上でも書いた外耳炎からです🔍

人では外耳炎はそれほど多く発生しません。耳掃除を頻回に行うか、
プールによく入って耳道内が高温多湿になると発生しやすいくらいです。
しかし動物の場合、特に犬の場合、誘発させる原因があると言われています。

まずは耳道の形状が動物と人で違うということが根本にあります。
1847.jpg
人の場合は側頭部から鼓膜まで一直線で、距離も然程長くありませんが、
犬や猫の場合は途中で曲がっていて、顔の大きさのわりに距離も少しあります。

また、『ダックスは垂れ耳だから外耳炎になりやすい』という話を目にしたり
耳にしたりしますが、確かに垂れ耳の犬は外耳炎になりやすいかもしれません。
(他にも垂れ耳の犬種は色々いますけど、一例としてダックスを。)
ですが、垂れ耳のワンちゃん達みんなが外耳炎になるわけではありませんし、
立ち耳の子であっても外耳炎になるのですから、必ずしも『垂れ耳だから』
外耳炎になるというわけではありません。

ではどういったワンちゃんが外耳炎になるのでしょうか?
昔はデータもありませんでしたが、近年はどういった子が外耳炎になるか
論文なども発表されているので、次回以後その辺りを書いていこうと思います。
posted by ドル at 09:00| Comment(0) | 診療(林) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月10日

眼科 その⑩:犬生いろいろ。白内障だって(原因)いろいろ。

おはようございます、勤務医の林です。太りやすい年ごろになってきたので、
健康と筋肉のため、家でYouTubeを見ながら少しずつ運動をしています。
中でもNHKで放送していた「みんなで筋肉体操」という動画が良い感じです💓
https://www.youtube.com/watch?v=PyJOEt2nsGQ
 https://www.youtube.com/watch?v=1GanGLmDt2I 他)
シリーズ物で何種類もあり、それぞれいろんな部位を鍛えられます。
しかしこのシリーズ、確かに好きなのですが、こんなには全くできません💧
「そのうちできるようになると良いな…」と、遠い眼をしております。笑。

人でも動物でもそうですが、肥満になると色々な病気になりやすくなります。
色々ある病気の中でも、とりわけ『糖尿病』は有名だと思います。
この糖尿病、血糖値が高いことで様々な問題が出る病気ですが、
実は人や犬では『白内障』も引き起こします💥
ということで、今回は主に犬🐶の白内障の原因を色々お伝えしていきます。


①加齢
・やっぱり白内障の原因は、この『加齢』が一番多いと感じます。
・加齢性の場合、早い子だと6歳くらいから発症することもありますが、
大体の場合は10歳を越えてから発症することが多いです。
・基本的に進行はゆっくりで、特に治療をしなくても問題を起こさないまま
寿命を全うできることもありえます。
(そうは言っても【絶対】ではないので、必ず獣医師の判断を仰いでください)

②糖尿病
・糖尿病を発症後に、急速に白内障が発症・進行します。
早ければ数日で真っ白になることもあるほど、糖尿病由来だと進行が速いです。
・なぜ糖尿病になると白内障になるかは、治療とあまり関係しないので割愛。
・進行が速いため進行後の合併症を起こすことも多く、素早い対応が必要です。
・可能なら早い段階で白内障の手術を行うと良いと思いますが、様々な理由から
手術ができない場合は、その後の合併症に対して十分な理解と治療が必要です。
(どんな理解や治療が必要になるかは獣医師にしっかりご確認ください。)

③外傷
・眼の中の『水晶体』に傷を負うと、その後白内障になりやすくなります。
・一番多い外傷の理由はネコちゃんと喧嘩して爪が刺さる、とかです。
あとは山に行ってバランス崩したりした時に枝が刺さる、とかもあります。
・眼の中まで到達する傷を負った時点で発症が予測できるので、
あらかじめ白内障に対して考えておくことが出来ると思います。
・発症したらどうするのか、獣医師としっかりご相談ください。

④生まれつき
・いわゆる『先天性』で生まれた時からある程度の白内障がある状態です。
・ただし先天性の場合、その「ある程度」からほとんどの場合進行しません。
・そのため基本的に治療の対象にはならず、経過観察で良いと思います。
・将来的に加齢性など他の原因で白内障が発症・進行することはあります。
・今まで見た中で一番大きな先天性白内障の症例です。
 ⇓⇓⇓眼の中の白い星みたいな部分が先天性の白内障です⇓⇓⇓
RIMG1383.JPG

⑤PRA(遺伝性網膜変性)の続発
・以前も少しだけ名前が出ましたが、『PRA』という徐々に眼が見えなくなる
遺伝病があります。この病気が発症すると、その後に白内障も発症します。
・この原因の場合、注意しないといけないのが『白内障の手術適応外』と
いうことです。(理由はかかりつけの獣医師にご確認ください。)
・PRAと白内障の両方に対しての管理が必要になるので、病気に対して
しっかりとした説明と理解が必要になると思います。

⑥遺伝性
・犬種的に『遺伝性白内障』とも言われる、若齢時から出る白内障があります。
・この場合は進行も早く、手術を行うかどうかなど早めの対応が必要です。
・出やすい犬種はある程度分かっているので、自分の飼われている子が出やすい
犬種かどうかは獣医師にご確認ください。

⑦その他
・それ以外にも放射線治療から続発したりなどいろいろな原因があります。
・書ききれませんし、起こることも稀なのでこのくらいまでで割愛します。

白内障の原因それぞれによって、治療法や考え方はだいぶ変わってきます。
『白内障』と診断を受けたら、その原因を聞き、今後どうしていくのが
良いのかをしっかり相談していただくことをお勧めします。


ちなみに、猫🐱ちゃんは白内障はかなり出にくいですね。
もし白内障が出たら眼に重い病気が潜んでいると思った方が良いくらいです。

posted by ドル at 09:00| Comment(0) | 眼科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月03日

お知らせ:秋の健康診断。

おはようございます、勤務医の林です。9月に入りましたね。
今年も食欲の秋を満喫していきたいと思います💕

しかし、食べたいものを食べてると気になってくるのが体重やその他諸々。
去年受けた自分の健康診断では、その前の年と比べて体重が3kg増!💥
今年の健康診断は全体的に良い数値が出ると良いなと期待だけしています。

9月からは当院でも『秋の健康診断』を皆さまにお勧めしています。
1799.jpg

昨年から、まず年齢によってヤングコース、ミドルコース、シニアコース、と
3コースに大別し、さらにそれぞれのコースの中で選べる3つのプランを
作っております。更に、それぞれのプランに足したい検査も加えることで
その子その子に応じたベストの健診プランをご案内しています。

それぞれのコースやプランがどのようなものか、また費用などもどうなのか、
興味のある方はお気軽に病院にお問い合わせください。


※秋の健康診断は完全予約制です。予約が空いていれば前日におっしゃって
 いただいても大丈夫ですが、基本的には早めに予約することをお勧めします。
posted by ドル at 09:00| Comment(2) | 診療(林) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする