2019年05月28日

眼科 その⑥:猫で緑内障?

こんにちは、勤務医の林です。何気に料理系の動画を見るのが好きです。
見て終わることがほとんどで、作ることはあまりないですが💦
叙々苑の塩だれキャベツを再現した物とかは作ってみたいです。
ビールと合うらしく、その分、塩分の多量摂取には要注意です。
今のところ血圧は問題ないですが、気を付けないといけない年頃に段々と…💦
今日はそんな血圧から始まる、ネコちゃん🐱のお話。

最近、他院で『緑内障』と診断された患者さんが続いて来られています。
以前の「眼科:猫の場合その①」でも書きましたが、
http://watanabe-ah.seesaa.net/article/465185173.html
ネコちゃんは基本的に緑内障になりにくい動物種です。

なりにくい、とは言っても、ならないわけではなく、
緑内障になりやすくなる原因は何個かあり、そのうちの1つに
「高血圧」があげられます。

高血圧になると・・・
⇒眼底出血・網膜剥離を起こす
⇒眼球内で炎症も起こる
⇒炎症で繊維素などが出てくる
⇒繊維素が排水口に溜まって詰まりやすくなる
⇒水が流れ出にくくなって眼圧が上がる
緑内障💥

といった感じに高血圧から緑内障が起こることがあります。
この場合、早めに気付くためのポイントとしては『出血』です。

「なんとなく普段より赤っぽく見える気がするかな?」という時点で
眼球内で出血が起きている可能性があります。
出血がひどくなると明らかに眼の全体が赤くなってきます。

RIMG1553.JPG

こんなに赤くなれば分かりやすいですが、その前の段階で診察できると
早めに対応で出血を減らせます。

ネコちゃんの『緑内障』はこのような出血や腫瘍が裏に隠れていることが多く
緑内障の治療で眼圧を下げるだけでなく、隠れている疾患を見つけることが
とても大事なことになります。


また、眼圧を下げる時にワンちゃんで一般的に最初に使われる点眼薬は
ネコちゃんの場合効果が出にくいことも多く、他の治療薬を使います。

ネコで緑内障を起こしやすくする原因は、寿命にかかわるか痛みを伴うか、
どれもネコちゃんが辛い思いをしやすい原因が多いです。

飼われているネコちゃんが『緑内障』という診断を受けた場合、
「うちの子はなんで緑内障になったのでしょうか?」
そう聞いてみても良いと思います。

posted by ドル at 12:00| Comment(0) | 眼科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月21日

製品紹介②:動物の活動量計

こんにちは、勤務医の林です。腰痛でボルダリングを休んでいる間に
なにやら服がきつくなった気がします…💣
怖い気がするときは体重計に乗らないタイプです。笑。
自分の運動量を知りたいので、活動量計を買おう買おうと思って
悩んでいる間に3ヶ月くらい経過してしまってます💦
なるべく早めに買いたいのですが、どうなるかな?


今日はそんな活動量計の話です。
なんと、タイトルにあるように人用の話ではなく動物用の活動量計の話。

少し前の新聞にも載りましたが、動物がつける活動量計ができました。
名前は「プラスサイクル」(Plus Cycle)と言い、
イヌ🐶とネコ🐱に対応しています。(人は対応していません)
https://pluscycle.jp/


活動量計を動物につけるメリットとして
①自分のいない間にどのくらい活動しているかが分かる
②普段の運動量を記録ができ、過去と比較できる
③活動量だけでなく、食欲・機嫌・便なども記録可能(アプリ使用にて)
この辺りがありますが、お勧めしたいのは当然番。

ワンちゃんの場合、心臓病やホルモン病で活動量が低下することがあります。
また、関節病の場合は天気や気温で活動量が変化することもあります。
活動量が変化したかどうかを、自分の感覚だけでなくアイテムを使うことで
より客観的により正確に、判断することが出来るようになります。

ネコちゃんの場合は、ホルモン病で増加したりすることがあります。
ただ、家で見ている興奮がいわゆる『トイレ ハイ』なのか、
病気で動くようになっているのかもより判断しやすくなります。

また、そのデータをお持ちいただければ病院でも判断材料が増えます。
判断材料が増えることでより正しい診察を行いやすくなります。


気になる点や聞いてみたいことがありましたらお気軽にご相談ください。
posted by ドル at 12:00| Comment(2) | 診療(林) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月14日

季節の話 その②:熱中症に注意!

勤務医の林です。腰痛がようやく良くなってきました。
あとはぶり返しが来なければいいのですが…怖い💦
今後も毎日のストレッチは続けていこうと思います⤴


本日はこの季節から注意してほしい話題。

【熱中症】

知らない人はいないほど有名な病気だと思います。
詳しくは書きませんが、気温が上がると起きる病気ですね。

ではどのくらいの暑さから気にした方が良いのか?と言うと、
湿度にもよりますが25℃を超えるあたりが一つの目安になると思います。

ワンちゃんニャンちゃんの快適に生活できる温度/湿度は
気温:20℃前後 湿度:50%前後 と言われています。
当然、犬種・猫種や体格、毛の長さによっても変わってくるので
一概にこれがすべての子に当てはまるとは言い切りませんが、
大体の目安としてはこのくらいで良いと思います。

そして、25℃という気温のライン。
これを超える日が続きやすくなるのがだいたいゴールデンウィーク前後です。

5月中だと多少気温が上昇しても冷房を点けない家庭も多く、
数日気温が高い日が続いた時に体調を崩す動物が病院に来られます。
とくに最初は「下痢をした」という症状が多いです。

明らかな熱中症の症状ではないのですが、タイミングや原因を探ってみて、
暑さによる下痢なんだろうと個人的には思っています。

さらにひどくなると、元気/食欲の低下やふらつきなども起きてきます。
最悪、けいれんを起こし亡くなってしまうこともあります。


この時期は「まだ5月だから冷房しなくて大丈夫」と思わず、
気温が高くなる日にはぜひ冷房を点けてあげてください。


ちなみに、マメ知識的な内容ですが、
熱中症とともに熱射病という単語もよく聞きますが違いとしては、

熱中症病気の名前で、
熱射病熱疲労、熱痙攣とともに熱中症の症状名です。
(熱痙攣 ⇒ 熱疲労 ⇒ 熱射病 の順に重度になります)


5月は気温の寒暖差が激しく体調管理が難しいのは人も動物も一緒です。
むしろ、毛皮を着ている分だけ動物の方が暑さにも弱いです。
気温が高くなりそう日にはお昼の時間だけでも冷房を点けてあげてください。

posted by ドル at 12:00| Comment(0) | 診療(林) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月07日

眼科 その5.5:ダックスフントの小噺。

こんにちは、勤務医の林です。今日は短い内容の予定です。

ダックスフントの毛色で「ダップル」と言う少し珍しい毛色があります。
これは「マール」とも言い、写真のように毛色が地図状に混ざっている
子のことを指す毛色です。
1345.jpg

この毛色になる遺伝子(マール遺伝子)は、【半致死遺伝子】と言う
怖い呼び名がついています💥
理由は、その遺伝子が揃ってしまうと場合によっては成長できず
死亡してしまうことがあるからです。
亡くならない場合でも、心臓や眼に異常が出ることが多いのです。

ここでようやく眼の話が出ましたが、マール遺伝子を持つダックスちゃんは
視覚に障害を持ち、視覚喪失してしまうことがあるのです。

そのため、ダップル色のダックスを飼う場合は様々な検査をして、
なるべく異常が無い子を家族に迎えることをお勧めします。
(それでも成長ともに異常が出てきてしまうかもしれません)

また、「外見上の毛色がダップル柄でなくても遺伝子を持っている」
ことがあります。マール遺伝子は通常の毛色の遺伝子より弱いため、
茶色や黒色になる遺伝子を持っているとそちらが優先されてしまうのです。

この場合、見た目は普通色のダックスフントどうしで交配しても、
たまたまお互いマール遺伝子を持っていると生まれてくる子犬が
ダップル柄になることがあります。

普通色のダックスフントでも眼底の網膜構造を見ることで
マール遺伝子を持っているかどうかわかる場合があります。

ダックスフントどうしで子供を産ませたい、と思われている方は
一度ご相談いただければ詳しくご説明いたしますので
お気軽にご連絡ください。
(全然短くなかったな...すみません🐶)
posted by ドル at 12:00| Comment(0) | 眼科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする