2019年02月21日

休日 その③:獣医内科学アカデミー

こんにちは、勤務医の林です🐶 今の二十四節季は雨水。
今年は雪積もらないですね。ありがたい半分、何となく寂しさ半分です。

タイトルと無関係になりますが、16日土曜には『第一回昭島矯正展』があり、
そちらで専用の体験車で「VR防災体験」してきたり、出店を覗いたり…、
普段できない体験をしてきていました。
1166.jpg

地震の恐ろしさをリアルに体験できるのはやっぱり良いですね。
家の家具に転倒防止棒を着けなきゃいけないのがよく分かりました💦

(少し前ですが、昭島市に【東日本成人矯正医療センター】という
日本最大の医療刑務所ができ、地域理解を深めるためのイベントです。)


17日の日曜日は横浜のみなとみらいで『日本獣医内科学アカデミー』という
大きな学術大会があり、そちらに参加してきました。
1159.jpg

1157.jpg

1158.jpg
会場はパシフィコ横浜。いつ来ても大きい…。

画像診断や神経病など普段の診療に活かせる知識を学び、
夜は学生時代の友達と美味しい物を食べながら情報交換し、
今後の診察に活かせる情報を多く得てきました。

1156.jpg
もつ鍋が美味しかったです!
学会参加が目的なのか、美味しい物が目的なのか、、微妙ですね。笑。



posted by ドル at 12:00| Comment(0) | 診療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月19日

春よ来い

渡邊留美子です。 暫らくぶりの投稿です。

今年も無病息災を願って飾りました(^-^)。(飾りつけは院長が喜んでしました。桜は私がアレンジいたしました。)

雛祭り3.jpg


毎年飾る度に年月の速さを痛感します。

でも〰️ 春の訪れを感じ、心踊ります‼️
しかしあの辛い花粉も~
posted by ドル at 21:00| Comment(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月18日

眼科 その③:眼が白いと思ったら。

勤務医の林です。筋肉痛は治りました!
筋肉痛の予防には梅干しが良いらしいですよ?


今回は眼が白い話、主に『白内障』についてです。

ワンちゃんの場合、お歳をとってきて「眼が白い」時は、
・核硬化症
・白内障
・角膜ジストロフィ―
のどれか、もしくはこれらの複合であることが多いです。

1153.jpg
この子は右眼が『核硬化症』、左眼が『白内障』で白くなっています。
写真だと分かりにくいですが、実際に見ると右眼も結構白くなっています。

左眼の白内障がだんだん進行し、かなり白くなってきています。
白内障は進行すると、白くなるだけでなく眼の中の病気を引き起こします。

白内障
 ⇓
眼内炎
 ⇓
緑内障

ざっくり書くとこんな感じ。

そして、緑内障は眼科その①でも書きましたが、
【痛みも強く出やすく、辛い病気】なのです。

お歳をとることで白内障になること自体は仕方ないかもしれません。
でも、その白くなってしまった眼をそのまま様子見していると、
結果的にワンちゃんに痛い思いをさせてしまう可能性があるのです。

白内障が進行しているかどうかを確認するときは
外観を視診するだけでなく、超音波検査も行います。
眼科エコー検査.jpg
これは他の子ですが、このようにして眼の中がどうなっているかを
モニター上でしっかり確認していきます。


白内障なのかどうか?
白内障が大丈夫なのかどうか?
ご心配な方はいつでもお気軽にご相談ください。

posted by ドル at 12:00| Comment(0) | 診療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月14日

猫のイロイロな話題

こんにちは。獣医師の野口です。

私の周りではインフルエンザの流行も一段落のようですが、皆様の地域ではいかがでしょうか?


さて、前回のブログで予告しましたが、今回は猫の話をしたいと思います。



今は動物を実際に飼育していなくても、動物にまつわるいろいろな泣ける話や、感動する話、笑える話など、
動画や書籍、写真集、猫カフェ等動物と触れ合うことのできる施設など、様々な方法で楽しむことが出来ます。
今回はそのような楽しみ方を紹介したいと思います。

まず一つ目です。
ベタではありますが、泣ける話から。
前回も犬編で泣けるプロモーションビデオについて書かせていただきました。
今回は猫編です。皆さんご存知、妖怪ウォッチのジバニャンについて。
子供たちに人気のあのゲームキャラクターの妖怪ウォッチのジバニャン。
そんな、子供だましみたいなもので何が泣ける??っと思いますよね。
私も毎週テレビアニメの妖怪ウォッチを息子と見ていて、こんなことが起こるとは予想もしていませんでした。

では、今回もYouTubeさんのお世話になって、「ジバニャンの秘密」と検索してみましょう。
ちょうど妖怪ウォッチの第25話です。ゲームの方ではなく、アニメの方です。


先入観があると、感じ方がかわってしまいますし、ネタバレはになってしまうので、
ご興味のある方は下の内容を読まずにまずはYouTubeで映像をご覧くださいね。



これまで、動物が亡くなったとき、飼主さんの思いを考えるとつらい気持ちでいっぱいでした。
自分も飼っていた動物が亡くなることは何度も経験がありますし、
今までずっと動物たちと飼主さんと一緒に病気と戦っていた同志でもあるわけですから、
動物が亡くなるとつらい気持ちでいっぱいです。
しかし、この「ジバニャンの秘密」を見たときに、私の気持ちは変わりました。
動物たちも飼い主さんと別れなければならない事がこんなに寂しくて悔しくてたまらないんだと。
私は亡くなった動物の気持ちを考えたことはありませんでした。
「ジバニャンの秘密」を見て、アカマルの気持ちを思うと涙が止まりませんでした。

生命の終わりについて、今生きている私たちは真実を知ることはできません。
でも、今まで一緒にいた動物たちが亡くなった時、
その子たちも、アカマルと同じような気持ちになっているだろうと思ってしまうのは当然です。
そうあって欲しいとも思います。




次に2つ目です。
皆さんは藤城清治さんをご存知でしょうか?
影絵作家さんです。
山梨県の昇仙峡や、栃木県の那須、長野県などにも美術館があります。
皆さんも一度は目にしたことがあるかと思います。
私が最初に見たのはおそらく宇津救命丸のテレビCMだったのではないかと思います。
年齢がバレますが(笑)
私は藤城清治さんの作品が好きで、昇仙峡や長野の影絵美術館は何度も行っています。
その中に出てくるのはメルヘンの世界なのですが、かわいいだけではありません。
実際に美術館で見ると実際にライトで照らされて、影絵として展示されています。
立体感があって素晴らしいのです。
特にこびとたちや、ケロヨンや、猫がめちゃくちゃかわいいんですよ。
その他様々な動物も作品の中に出てきます。
藤城清治さんは愛猫家で、作品の中にもたくさん猫が描かれています。
描かれていると言っても、かみそりでカットして作るんですよ。
私のお気に入りは昇仙峡の美術館に展示されている「天使のうたごえ」です。
雪の感じが柔らかくてでも立体感があって、静けさの中に華やかさがあって、大好きな作品です。
皆さんも機会があれば、ぜひ足を運んでみてください。

DSCN5987.JPG

DSCN5985.JPG

DSCN5981.JPG

最後に3つ目です。
これも猫に限ってはいないのですが......
私が大学1、2年生のころ、「文章表現」という一般教養科目の授業がありました。
1、2年生のころは専門科目が少なく、ほとんどが一般教養科目でしたから、英語や数学なども普通にありました。
その一つの文章表現の授業では、先生が自由に文章を書いてみてくださいといった感じの授業でしたので、
堅苦しい文章の書き方の基本なんてあまりやりませんでした。
1年間の授業の終わりに、「自分と動物」の題材で文章を書いてくださいという時間がありました。
生徒は全員、獣医学生なので、動物にまつわる話など、いくらでも持ち合わせていますから、
皆いつもと違って、もくもくと取り組んでいたのを覚えています。
それら、ど素人で畑違いの獣医学生が書いた文章をまとめて、先生が一冊の本を出版したのです。
先生は本が出来上がってからその本に載っている文章を書いた学生一人一人に出来上がった本を自宅に送ってくださいました。
久しぶりにその本を見つけて読んでみると、作文ですね。小説ではありません(笑)やはり、素人ですから!!
題材が動物、たいていはペットの話なので、皆さんも一度、読んでみてください。
私の文章もその中に掲載されていますが、名前は本名ではありません。
もしも読まれても、恥ずかしいので、ノーコメントでお願いします。

DSCN5982.JPG


藤城清治さんの「光と影の詩人 藤城清治の世界」と 佐藤二雄先生の「初めての文章表現道場」 は 野口が持っておりますので、ご覧いただくことが出来ます。
ご来院の際、お声がけください。
posted by ドル at 16:16| Comment(0) | 診療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月13日

休日 その②:川越散歩。

勤務医の林です。15年ぶりのスノーボードで全身筋肉痛です⤵

今日は先日川越に行った時の話。主目的はたまたまチケットをもらった
「トリック3Dアート in COEDO」に行くことでした。
http://kawagoe-trickart.com/
ここはまだ開館1年弱らしく、川越も行ったことがなかったのでならば是非と。

電車で揺られ約一時間。
川越駅から商店街を通り、『蔵造りゾーン』という観光名所へ向かいます。
が、その商店街後半にあったお店に心を惹かれ後ろ髪を引かれ…。
このお店は後でゆっくり話させてください。笑。

蔵造りゾーンに入るとさすが小江戸、古い街並みになり目を引きます。
美味しそうな物もいっぱい売っています🐶
しかし、あとで食べたいものが在ったのでグッと我慢。
(お菓子横丁などで多少試食はさせてもらいましたが・・)

そして目的地の「トリック3Dアート in COEDO」に到着👀
建物自体は大きくなく、展示作品もいっぱいあるわけではないのですが、
色々な錯視や錯覚などで、普段出来ない体験をしてきました。
個人的には「ロデオ」の写真が好きでしたねー。

トリックアートを楽しんで川越駅に戻る途中、行きの途中で気になったお店に⤴

1151.jpg
それが「水上製本所」さん。( https://www.g-book.co.jp/

製本所ですが、和紙等を使った色々な紙製品を売っていてどれも綺麗!素敵!!
一目惚れしまくり、予定外の買い物をしてしまいました。

1150.jpg
メモ冊子や、

1149.jpg
これは文庫本カバー。

川越に行くことがあったら、また寄ってしまう自信があります🐶
(ステマではありません。笑。)

しかし、休日に行った今回、観光客がものすごいことになっていたので、
次行くときは何とか平日にのんびり行きたいものです…💦

posted by ドル at 12:00| Comment(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする