2018年12月03日

お江戸日本橋夕景散歩『コレド室町』

都会のオアシス

ツリー.jpg


子供の頃に一瞬タイムスリップ〰️(^^)d 楽しかった‼️ 遠い遠い昔話~⤵️😢

夜景3.jpg夜景2.jpg

大都会の谷間の癒し〰️o(^o^)o こんな空間が在るとはビックリ👀

1夜景 - コピー.jpg
大都会のビルと1000年以上の歴史を持った福徳神社。

     by 受付の留美子
posted by ドル at 21:10| Comment(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月30日

眼科 その①。気になる症状と緑内障。

勤務医の林です。もうすっかり炬燵から出られなくなりました。
今年の冬も立派な『コタツムリ』として生きていく所存です。笑。

自分は院内で主に眼科を担当しています。
なので、眼科にまつわる内容を定期的に書いていこうと思っています。
(診療に関係ない話もいっぱい書くつもりですが💧)

一回目は僕の好きな『柴犬🐶』がとてもなりやすい【緑内障】に関してです。
柴ちゃんは3頭に1頭の確率でこの緑内障になるとも言われています💥

他にはアメリカンコッカー、シーズー、チワワがなりやすい傾向があります。


【緑内障】
名前は聞いたことのある人がほとんどだと思います。
これは眼の中の水圧=『眼圧』が強くなり、目が見えなくなる病気です。

個体差は有りますが、痛みも強く出やすく辛い病気です。
症状は①眼がショボショボしている
   ②何となく元気、食欲がない
   ③黒目が大きい       などが出やすく、
『目が見えていないことに普通は気付かない』のが特徴です。
ほとんどの場合は片眼から発症するため、まだ片方の眼が見えている間は
歩き方などに異常が出ないことが多いのです。

治療法は
内科治療の場合は主に点眼薬を使い、
外科治療の場合、視覚がある場合はレーザー手術を行い、
視覚が無い場合は現在は義眼を挿入することが多いです。

義眼を挿入することで他の治療法より確実に、かつ外貌の違和感がなく
術後を過ごすことが出来ます。

義眼の症例として、以下が術前と術後の写真です。
術前
術前a.jpg

術後(約8週間後)
義眼挿入8週間後.jpg

白内障が有って白くなっていた部分を取り、眼球内に義眼を入れています。
こうすることで飼い主様が呼ぶと眼がその方を向くので、
眼が見えている時と変わらない眼球の動きを保てます。


当然上記以外の治療法もあり、それらもお聞きいただいた上で
その子にとって一番良い治療法を相談し決めていきます。

気になることや質問などがありましたらいつでもご相談ください。
☎042-537-4628 


posted by ドル at 12:00| Comment(0) | 診療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月25日

山野草に魅せられて

院長の渡邊です。

今日は少し暖かい日中でした。
病院の南側の空き地に、ピンク色の小さな可憐な花を見つけました。

普段からあったのでしょうが、今まで目に留まりませんでした。
それは、円く広がった葉の重なりの上に、ちょこんと乗っかっているような、変わった花の咲き方です。

何と言う名の植物なのか気になりだし、早速ネット検索です。どうやら「ほとけのざ」のようです。
家にあった花器を探し、生けてみました。

日常の中のふとした時間にやすらぎを感じました。
こんな愉しみ方もあるのだな~・・・・・・。

花図1.jpg
posted by ドル at 18:25| Comment(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする