2020年07月09日

眼科 その⑰:涙が多くて溢れている(犬) その②

おはようございます、勤務医の林です。今回は流涙症のその②です。
前文駄文なし、今回で終わらせますのでお付き合いください。

前回は【涙が流れていく管が詰まってあふれ出る】について書きましたが、
今回の内容は【普通より涙が多く出てしまいあふれ出る】状態です。


涙が多くなると単純に言っても様々な原因があります。
・異物が入り込んでいる
・角膜に傷がついている
・角膜の状態が悪い
・眼瞼の異常がある
・涙の質が悪い   などが一般的に挙げられます。

異物が入り込んでいる、には以前『眼科:その⑨』で書いたような
眼の表面に寄生虫がいる場合もあります。

http://watanabe-ah.seesaa.net/article/468038992.html


異物や傷の問題であればそれを治療すれば流涙は減りますが、
眼瞼の異常があるときや、角膜の状態や涙の質が悪い場合、
検査や治療は一筋縄では終わりません。

眼瞼の異常がある場合、改善するには手術が必要になることがあります。
また角膜や涙の質が悪い場合、自宅での特別なケアや一般的な病院では
あまり使われていない点眼薬を長期にわたり使っていく必要があります。

ですが、時間はかかっても流涙症を改善させることは可能ですので、
どのような治療を行うかはご相談いただければお答えいたします。


ここまで書いておいてですが、原因が経過を見ていても問題ないことが
はっきりしている場合、あえて治療を行わないということもあります💦

点眼などの治療を行うことが動物や飼い主様のストレスになる場合などが
その状況に当てはまります。
動物が健康であることは大切ですが、だからと言って飼い主様との関係が
悪化してしまったら本末転倒です。
一般的な病気と違って流涙症は経過観察できるものなので、どのような
治療を行うか行わないか、一緒に決めていきましょう。

posted by ドル at 09:00| Comment(0) | 眼科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月02日

犬種ごとの好発疾患シリーズ その②:ダックスフント

おはようございます、勤務医の林です。
好発疾患シリーズ、第2回は飼育頭数1.2を争うダックスフントに
ついて書いていきます。前回の最後に「プードルの疾患が多い」と
書きましたが、ダックスもかなり多い…⤵
多すぎるので、ある程度有名な疾患のみに絞って書いていきます。

●心疾患
・動脈管開存症
 →胎児期の血管が残存して産まれてしまった状態で、悪化で循環不全
・僧帽弁閉鎖不全
 →心臓内の逆流防止弁の異常。悪化すると肺水腫などを起こす

●皮膚疾患
・耳介辺縁皮膚症
 →耳のふちにフケなどが出て、痒みが出ることもある
・落葉状天疱瘡
 →主に顔面周辺にカサブタや膿が出る自己免疫疾患
・カラーダイリューション脱毛症
 →淡い色の部分が脱毛する疾患で、生後6ヵ月~2歳頃に発症する
・黒色被毛毛包形成異常
 →黒色部分の毛がメラニン異常により脱毛、生後4週程度で発症

●内分泌疾患
・副腎皮質機能亢進症
 →副腎からホルモンが大量に出る疾患で、続発症により死亡することもある
・糖尿病
 →膵臓のホルモン異常により、高血糖になる

●血液疾患
・免疫介在性血小板減少症
 →自己免疫が血小板を破壊し、出血傾向を示すようになる
・血友病
 →止血機構の一部が働かなくなり、出血傾向を示すようになる

長くなったので続きます!

posted by ドル at 09:00| Comment(0) | 診療(林) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月23日

狂犬病予防注射について

おはようございます、勤務医の林です。
以前書いたブログで狂犬病を発症した患者様のことはお伝えしましたが、
その方が6月13日で亡くなられたという報告も出ました。

今春は新型コロナウイルス感染症の影響により、東京都をはじめ全国的に
『狂犬病予防集合注射』が中止になりました。

しかし、世界的な狂犬病の感染状況から人命を守るためにはワクチン接種を
行う必要性があります。そのため法律上は4月1日から6月30日までが
狂犬病予防接種の実施時期なのですが、6月以後も各動物病院で予防接種が
受けられますので注射をしていただけたらと思います。

不明な点等がありましたらかかりつけの先生や当院にご相談ください。
posted by ドル at 09:00| Comment(0) | 診療(林) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月16日

眼科 その⑯:涙が多くて溢れている(犬)

おはようございます、勤務医の林です。年を経るに歳を取るにつれ
だんだんと涙もろくなってきている気がします。
涙もろくなってくるのは加齢で肉体の老化が起きるように、
感情を司る脳の機能が落ちるかららしいです。…やだなぁ💧

ワンちゃん🐶も涙で眼の下が濡れてしまっている子をちょこちょこ見ます。
今日はそんな犬の「流涙」に関する話題。


基本的な話ですが、眼の表面は常に涙によって濡らされています。
涙が不足してしまう病気は有名な【ドライアイ】。
涙が外にあふれ出てしまうのが【流涙症】です。

流涙症の場合は原因はざっくり2つに大別されます。
すなわち
①涙が流れていく管が詰まってあふれ出る
②普通より涙が多く出てしまいあふれ出る

ここまで書いて気付きましたが、今回も長くなって2回構成になる…💦


①涙が流れていく管が詰まる
犬も猫も同じですが、ふだんから余分な涙は鼻腔に流れていきます。
人もそうなので泣くと鼻がグシュグシュになりますよね。
この鼻へ涙を流す管を『涙管』と言います。この涙管が何らかの原因で
流れが悪くなり詰まってしまうと、当然、涙は鼻へと流れずに眼の外へ
あふれ出てしまいます。

涙管が詰まる原因は色々あり、その原因を探ることから診察を始めます。
治療は涙管を詰まらせる原因の除去と、それと一緒にだいたいの場合は
『涙管洗浄』も行うのが一般的な治療法です。

涙管洗浄とは、涙管に注射器やチューブなどを使って軽く水圧を
かけながら水を流し、詰まらせているものを洗い流す治療法です。
多くの病院で昔から行われている治療法で、比較的簡単に行えますし、
うまく洗い流せればそのままスッキリと良くなってくれます。

デメリットとしては動物が動いてしまうとできないため、鎮静や麻酔が
必要になる動物もよくいることです。
また原因次第では涙管を洗い流せなかったり、再発することもあります。
その場合は鎮静や麻酔による負担を何度もかけるより、涙が出ていても
問題が発生しないかを見ながら経過観察していくこともあります。

僕自身は涙管が詰まっていても鎮静や麻酔の負担を考え、最近はあまり
涙管洗浄を行わず他の治療法で対処しています。


その2へ続きます。その2で終わるはず。多分。
posted by ドル at 09:00| Comment(0) | 眼科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月09日

お知らせ:ヒルズ社フード 値段改定のお知らせ

おはようございます、勤務医の林です。
アジサイが綺麗に咲く季節になりましたね。綺麗なアジサイを見ながら
中毒に注意とか思うのはちょっと職業病な気がします。笑。

本日はヒルズ社から販売されている処方食の価格改定のお知らせです。
200416122200-5e97cf580ab8f.jpg
価格改定により6/15から販売価格が上昇いたします。

まとめ買いやお取り置きもできますので、ご希望の方はご連絡ください。
普段与えているフードがヒルズ社の物か分からない、など不明な点等が
ありましたらお気軽にお問い合わせください。
posted by ドル at 09:00| Comment(0) | 診療(林) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする