2020年01月08日

お知らせ:迷子のオカメインコ

おはようございます、勤務医の林です。今日はまじめなお知らせです。
オカメインコが迷子になったため探していますという連絡が病院にありました。

2454.jpg

もし「似たような子を見かけた」などの情報がありましたら
ご連絡いただければと思います。

posted by ドル at 09:00| Comment(0) | 診療(林) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月06日

新年 明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。勤務医の林です🙇
皆さまお正月の間はいかがお過ごしでしたでしょうか?

さて、新年早々のブログのため難しい話は無しにして。笑。
とても僕自身の個人的な内容になるので、興味がなさそうなら
この時点で読むのを止めて問題ありません💥


今回は去年一年の様々な目標がどうだったかを振り返ってみます。

①「アイソレーションタンク」に入って浮かぶ → ×未達成
②スマートウォッチor活動量計を導入する → ×できなかった
③低温調理器を導入する → △購入手配するもまだ届かず
④バイク神社にお参りをする → 〇秋にお参りできた
⑤藤の盆栽を入手する → × 入手できず
おまけ 宝くじで高額当選 → ×去年は当たらなかった


こうやって書き出してみるとボロボロですね💧
それでも、我が家の猫が甲状腺の病気にはなったものの
それなりに元気に過ごしてくれているので、なんだかんだ
そんなに悪くはない一年だったのかなと思います。


今年の目標は「なるべく多くの動物が少しでも健康寿命を
長く保てるようにする」を大目標としていきたいと思います。


小さい目標は色々と個人的な物をまた考えますが💦
とりあえず、低温調理器でサラダチキンやローストビーフなどを
作ることが最初の目標かな?🍴


今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
この一年が人も動物も幸せな一年になりますように。

posted by ドル at 18:00| Comment(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月01日

新年の御挨拶  🐗君から🐭君へバトンタッチ

明けましておめでとうございます。

旧年中はブログをお読みいただきありがとうございました。

ちょっとした役に立つ情報と、息抜きの記事にお付き合いいただきましてから、あっという間の一年でした。

昨年末にはイノシシ君🐗が立川周辺でも出没し驚きましたが、亥年最後のアピールだったのでしょうか?。
DSC_1774.jfif

当院カウンターの片隅に鎮座しておりますいぬ君ですが、今年も可愛い着ぐるみを纏い、皆さんのお目に留まるよう愛嬌を振りまいております。
ネズミ.jpg
どうぞ、🐭チューもくしてください。


by 渡邊
posted by ドル at 01:00| Comment(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月24日

眼科 その⑪-2:眼の腫瘍。(犬、眼球)

おはようございます、勤務医の林です。これが今年最後の更新かな?

ようやっと、先日の健診の結果が出ました!
思っていた以上に去年より体重が減り、すこし嬉しいです✨
それでもまだ減らさなきゃいけないというこの事実…⤵
また来年に向けて一寸ずつがんばっていこうと思います。
一緒に検査した眼底や眼圧も異常が見つからず、ホッ(*´∇`*;△

と言うことで(?)、眼👀の腫瘍の2回目です。
前回は眼球そのものではなく、その周りにある組織の腫瘍について
書いてみました。なので、今度は眼球そのものの腫瘍についてです。

一言で『眼』と言っても、実際のところ、その構造は色々な
組織が組み合わさってできています。
『口』を例に出せば、その中には「歯」「歯茎」「舌」などが
あるように、『眼』そのものにも「結膜」「角膜」「網膜」など
聞いたことがあるだろうものから、マイナーな組織まで色々です。

これらを全部書いていくのは厳しいため、眼の腫瘍の中でも
主だったものを書いていこうと思います。


[角膜・強膜の腫瘍]
・角膜輪部の黒色腫
角膜と強膜の境目付近にできる、「黒色の腫瘤」です。
黒い物が大きくなるのが見えるため、発見しやすい腫瘍です。
良性の動きをすることが多いですが、良性であっても大きくなるに
したがって、緑内障や眼球炎を起こすことがあります。


[虹彩・毛様体(ぶどう膜)の腫瘍]
・ぶどう膜メラノサイト腫瘍
犬・猫ともに、眼の中で最も多く発生する腫瘍です。

虹彩黒色腫2.JPG
虹彩黒色腫.JPG
これはまだ若いボーダーコリーで見られた腫瘍です。向かって眼の
左上の方の茶色の濃い部分が腫瘍です。
犬🐶の場合、この腫瘍も良性のことが多く(80%程度が良性)、
全身転移することは少ないのですが、絶対とは言い切れません。

猫🐱の場合は、外見がこう見えないことが多いのですが、
虹彩のメラノサイト腫瘍はほぼほぼ悪性のため注意が必要です。


[網膜・視神経などの腫瘍]
この辺りに出来る腫瘍はかなり稀ですが、眼内出血や網膜剥離が
ある場合は腫瘍が原因のことがあるため、超音波検査などを
行って腫瘍がないかどうか見ることが必要です。


眼の腫瘍の場合、犬では良性のことが多く、猫では悪性のことが
多いのですが、良性であっても緑内障などを続発させることが
あるため、経過観察で絶対大丈夫とは言い切れません。
また、良性か悪性かを判断する場合は、基本的には眼球摘出を
行う必要性があることが多いです。
判断が難しい場所であるため、しっかりと眼科を勉強している
獣医師の診断を受けることをお勧めします。


次に僕がブログを更新するのは新年になってからの予定です。
年末年始、皆様と動物たちが健康に過ごせますように!
来年もよろしくお願いいたします!!



☆当院は年末年始は以下の日程で休診いたします☆

休診期間中の緊急対応についてはホームページと留守番電話にて
ご案内しておりますのでご確認ください。
図1.jpg


posted by ドル at 09:00| Comment(0) | 眼科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月21日

泉岳寺にて義士祭

受付の留美子です💕

忠臣蔵の義士祭にやっといけました。
忠義物語に大変弱い私にとって〰️感慨無量です。
2309.jpg
300数年前12月14日討入りがあった日は雪⛄❄️が降りしきっていたのに~ 今日の暖かい事‼️

土曜日とあって➰人も多くお線香でむせかえってました。
2302.jpg  2303.jpg


posted by ドル at 09:00| Comment(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする